GACKT無期限活動休止 発声障害に「仕事に直結する器官のトラブルはつらい」と案ずる声 「翔んで埼玉」続編の心配するファンも

イザ!
GACKT(撮影・兼松康)
GACKT(撮影・兼松康)

歌手、GACKT(48)が重度の発声障害で活動を無期限休止すると8日、サンケイスポーツなどが報じた。このニュースを受け、同日朝のヤフーリアルタイム検索やツイッターのトレンド1位にGACKTの名が急浮上。主演映画「翔んで埼玉」や来年公開予定の続編のタイトルもランクインし、GACKTの体調や、今後の活動を心配するファンの反響が続々と寄せられている。

同紙の記事が伝えた日本のエージェント事務所の説明によると、8月に海外から帰国後に体調不良を訴え、一時は生命の危機に陥る状態まで悪化。現在、容体は安定しているが「重度の発声障害」も発症。医師から「仕事の続行は不可能」と判断が下り、活動休止を決めた。生活拠点はマレーシアの首都・クアラルンプールだが、日本の自宅で療養中とのこと。

関係者はGACKTについて「今は話すのも大変で、完治の時期も不明。新型コロナウイルス感染症ではないと聞いている」と話している。7月には国内で公演を開催したが、8月14日から生配信チャンネルを体調不良で中止していた。

活動休止を受け、来年公開予定で二階堂ふみ(26)とのダブル主演映画「翔んで埼玉II(仮)」の撮影は中断となった。配給の東映によると、撮影は8月末に始まり、GACKTは今月上旬から参加するはずだった。現状は予定通り来年公開としており、「製作の中止は考えておりません。早い回復と活動再開を心より願っております」とコメントした。

今後は主治医のいる海外に戻り、持病や発声障害の精密検査を行い、活動再開に向けて治療に専念するという。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態