「かじるバターアイス」再登場へ 「これは伝説の…」「今度こそ」「買い占める」とSNSで熱視線

イザ!
赤城乳業の「かじるバターアイス」
赤城乳業の「かじるバターアイス」

今年2月に登場し、SNSで話題をさらった赤城乳業の「かじるバターアイス」が再販されることがわかった。人気商品のカムバックに、ネットでは早くも歓喜の声が広がっている。

同商品の再販は、セブンイレブンの公式サイトで「来週の新商品」として掲載されたことにより明らかに。14日以降、全国で順次発売となる。価格は151円(税込み)。

同商品は北海道産発酵バターを使用したコクのある味わいが特徴で、SNSでの口コミなどをきっかけに人気が爆発。バターのようにトーストの上に乗せるなど、アレンジも楽しまれた。

そんな人気商品の再登場に、SNSでは「きた!きた!きた!!」「これうまかった!また食べたい」「えっ待ってた…!ずっと探してた…!楽しみだな~」「このときを待っていた…」「これは伝説の…」などと発売前から大盛り上がり。前回、買いそびれた人たちからも「買えなかったやつだー!!!今度こそっっ!!!」「次こそは絶対ゲットしたいと思います」「今度こそ見つけてホットケーキに乗せて食べるんだ!!」「ま!?食べてみたかったのよねー」「食べ損ねてたヤツー次こそはー」などと熱い意気込みが届いている。

「買いだめしたい」「今回こそは死ぬほど買い占める」「これ一回しか食べられなかったから次はまとめ買いする」といったリピート宣言も少なくなく、早くも争奪戦が予感される。売り切れだったという報告も続出したヒット商品だけに「おっ、また出るんか!争奪戦になりませんように…食べられんかった人にも行き渡って欲しい」「前回1回しか食べられなかったからまた食べたい!!赤城乳業さんたくさん作ってーーー!!」とのリクエストも見受けられた。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  5. 【球界ここだけの話(2792)】ヤクルト・村上宗隆の大活躍を予言していた男が広島にいた