「コロナは風邪」GACKTにコロナ感染騒動 活動休止発表前に重病説も浮上 - イザ!

メインコンテンツ

「コロナは風邪」GACKTにコロナ感染騒動 活動休止発表前に重病説も浮上

ポストセブン
活動休止を発表したGACKT
活動休止を発表したGACKT

「映画『翔んで埼玉』の続編の撮影が数日行われたタイミングで、急にGACKTさん(48才)サイドから『体調不良で撮影に行けない』という連絡があったんです…。情報解禁をしたばかりなので、困った状況ではあったのですが、撮影も公開も延期になることが内々に決まっています」(映画関係者)

GACKTのエージェント事務所が、活動無期限休止を発表したのが9月8日のこと。

《苦渋の決断となりましたがこの方針は、医師、GACKT本人、海外側のエージェントと弊社の協議の上で決定しました》として、理由としては《幼少からの神経系疾患がきっかけとなり、一時は命にも関わる状態に陥りました》と公表した。

「8月6日に移住先のマルタ共和国から日本に帰国後、すぐに体調が悪化していたみたいです。体重が10kgも落ち、重度の発声障害も併発したことで、活動休止をして治療に専念することを決めたというのが、事務所側の説明でした」(芸能記者)

ファンの間では、この1か月ほど、GACKTの重病説がささやかれ続けていた。<br />

<br />

8月14日に予定されていた週に一度のライブ配信の休止が発表されて以来、休止が続き、さらに同月31日には、9月中の生配信もすべて行わないことまで発表されていた。

「これまで体調不良としか説明されていなかったので…。GACKTさんが大好きなアプリゲームに彼がログインしたかどうかを誰でも確認できるのですが、それを見ても全然ログインされてなくて。ちょうど新型コロナウイルスの感染者が激増していた頃だったので、GACKTも感染していたのかと思っていました」(40代女性ファン)

確かに、GACKTがライブ配信を休み始めた時期は、東京で連日のように5000人を超える感染者が出るなど、第5波のピーク時。芸能関係者の間でもGACKTに関する情報が飛び交っていた。先の映画関係者が声を潜める。

「帰国後の8月にコロナに感染したのではないか、それもわりと重症なのでは、とささやかれていました。しかし、本人はコロナ感染を芸能人が公表することに強い反対の意思を表明しているため、情報が広がらなかったのでは、とみられています」

GACKTはこれまで、新型コロナに対して、自身のライブ配信で極端なほどに楽観的な見方を披露してきた。5月には「まあまあまあ、皆さん、ちょっとコロナよくないすか? もうあんまり神経質になることやめないですか?」と語り、こうも続けていた。

「コロナコロナって言ってますけどね。もう風邪ですよ、これ。風邪。例年ね、風邪で亡くなるかたもいっぱいいるわけですから」

また、その1か月前には、「もう有名人の誰が感染したとかやめませんか? いまさら。別に誰が感染しようが、ニュースにする必要あります? クソですよ、これ」などと、コロナ恐るるに足らずと言わんばかりの持論を展開してきた。

なかには、「これ世界的な仕掛けがありますよね。誰が得してるかって話なんですけどね。どなたが儲かるんでしょう。どの国が儲かっているんでしょうか。考えてみてください」

と、アメリカのファイザー製薬の陰謀論を語ることも。

「こういった発言があったため、いまさらコロナの感染を明かしにくいから、それ以外の理由で活動休止を決めたのでは、という憶測が広がったのです」(前出・芸能記者)

とにかく、一日も早い回復を祈るばかりだ。

※女性セブン2021年9月23日号

関連記事
  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人