【さらば千葉真一 魅せたサムライ魂】柳生一族の陰謀 「ギャグ」「光る仮面」…遊び心あふれる“情熱の男”(2/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

さらば千葉真一 魅せたサムライ魂

柳生一族の陰謀 「ギャグ」「光る仮面」…遊び心あふれる“情熱の男”

 権兵衛じいさんは、突如屋根の上から現れ、柳生但馬守の娘・茜(志穂美悦子)に謎めいた忠告をした後、屋根から落ちそうになったり、旅役者の座頭(宮崎美子)のお尻を触って「桃尻3年、胸8年」とギャグを言ったり、安来節を踊ってコケたり。これはもうご本人がギャグ好きとしか思えない! また、光る仮面を被り、馬に乗って現れる正義の味方「人呼んでまぼろし天狗」も驚きの存在。第1話では、あの「5万回斬られた男」福本清三さんがびっくりしている場面もある。

 千葉さんは、いいアイデアを思いつくと、東映撮影所の化粧前(メーク室)に走り込み、メーク中の松方弘樹ら俳優仲間に語りまくったという。その情景が目に浮かぶ。まさに“情熱の男”だった。 (時代劇コラムニスト)

 ■柳生一族の陰謀 1978年1月27日公開。深作欣二監督。千葉真一、萬屋錦之介のほか、松方弘樹、西郷輝彦、大原麗子、成田三樹夫らが出演。テレビドラマ版は78年10月3日~79年6月26日、フジテレビ/関西テレビで放送。

zakzak


  1. 観光客激減の京都に高級ホテルが続々オープン!勝算は? アフターコロナを見据えた開発競争
  2. 実は3種類ある「プリンスホテル」 売り上げ1位なのに、実態がよく知られていないワケ
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 最新、衆院選「議席予測」 自公273「絶対安定多数」確保へ 立民128、共産17と共闘路線で一定の伸び “短期決戦”自力が勝敗の分かれ目に
  5. 青天を衝け、栄一の“浮気”令和3年的にはNG?「許せん」「この時代なら…」