安倍前首相「高市さんを支持する」 保守票獲得、決選投票に勝機か 河野氏も出馬意向 識者「岸田氏先行も石破氏が出れば分からない」 - イザ!

メインコンテンツ

安倍前首相「高市さんを支持する」 保守票獲得、決選投票に勝機か 河野氏も出馬意向 識者「岸田氏先行も石破氏が出れば分からない」

河野太郎氏
河野太郎氏

 菅義偉首相(自民党総裁)の退陣意向表明を受け、首相後継の「ポスト菅」を目指す動きが激しくなっている。岸田文雄前政調会長は4日朝、読売テレビ番組に出演し、自身の政策・理念をアピールした。河野太郎行革担当相は3日、所属する麻生派会長の麻生太郎副総理兼財務相に出馬意向を伝えた。こうしたなか、安倍晋三前首相が出身派閥の細田派幹部に対し、高市早苗前総務相を支持する考えを伝えたという。日本の「次のリーダー」は、新型コロナウイルス対策や経済成長、中国の軍事的覇権拡大など、国内外の難題に立ち向かう必要がある。安倍氏の動向は、総裁選(17日告示、29日投開票)の流れを変えるのか。

 《高市前総務大臣をめぐっては、安倍前総理大臣が3日、出身派閥の細田派の幹部に対し、高市氏を支援する考えを伝えたことが分かりました》

 NHKは4日朝、総裁選に影響を与えそうな、こんな報道をした。

 高市氏はインターネット番組「真相深入り!虎ノ門ニュース」に生出演した際(2日)に、安倍氏と今年2月以降、「2人だけの勉強会」を開いていたことを明かし、コロナ患者を早期に治療でき、重症者や死亡者を極小化する自らのコロナ対策や、自身の経済政策「ニューアベノミクス」について披露していた。

 細田派幹部は4日朝、「安倍氏は、今回の総裁選について、『派閥で行動は縛らない方がいい』『複数の総裁選とすべきだ』という意見とともに、『私は、女性でビジョンがしっかりした高市さんを支持するつもりだ』と語っていた」と夕刊フジに明かした。

 別の同派幹部は「安倍氏の支援で、高市氏は保守票を獲得できる。決選投票に残れば勝負できる」と話す。

 高市氏は3日のBSフジ番組で、総裁・首相就任後も、終戦の日などの靖国神社参拝を続ける意向を示した。参拝は「決して外交問題ではない」と語った。

 岸田氏は4日朝、読売テレビ系「ウェークアップ!」に出演した。菅首相について「1年間全力で取り組まれた。ご努力に敬意を申し上げたい」といい、次のように語った。

 「前回総裁選で敗北後、多くの国民からの声を聞くなか、『政治の危機』を感じた。政治が日替わりで変わる目まぐるしさを感じるが、国民にどう映るのか。政治の信頼という点では心配している」

 「派閥の動きにも関心はあるが、これからも原点は『国民の声』だ。国民(=自民党員・党友)にしっかり向き合って発信を続けることが、さまざまな国会議員にも影響を与えると信じている」

 総裁選公約となるコロナ対策としては、患者の病床を確保し「医療難民ゼロ」を目指すと表明。事業者支援として数十兆円規模の経済対策を実施するとした。公衆衛生上の危機発生時に強い指揮権限を有する「健康危機管理庁」の創設も提唱している。

 河野氏は3日午後、派閥領袖(りょうしゅう)である麻生氏と財務省で会談し、総裁選出馬の意向を伝えた。関係者によると、麻生氏は「反対だ」としながらも、「最後は自分で決めろ」と語ったという。河野氏は「今後どうするか、先輩や仲間の議員とじっくり相談する」と記者団に語った。来週前半に正式表明する方向だ。

 産経新聞社とFNNが8月21、22両日に実施した合同世論調査で、次の首相にふさわしい政治家を尋ねたところ、河野氏は17・9%と4カ月連続でトップだった。先月末、自身の政策や政治理念をまとめた新著『日本を前に進める』(PHP新書)を出版した。

 国民的人気の高い河野氏だが、防衛相時代に新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備を突然断念したことや、「女系天皇容認論者」のため、党内には「危うさ」を指摘する声がある。菅首相と近いため、「菅院政」を危惧する見方もある。

 これ以外にも、党内では、石破茂元幹事長や野田聖子幹事長代行、下村博文政調会長らが出馬を模索している。

 乱戦気味の総裁選だが、展開をどう分析するか。

 政治評論家の伊藤達美氏は「安倍氏が自らの口で『高市氏を全面支援する』といえば状況は変わり、票が行くだろう。河野氏の若さに期待する声もあるが、ワクチン担当相だけに、菅首相が『コロナ対応に全力を挙げる』として不出馬するなか、放り投げるように総裁選に出るのは筋が通らないのではないか。現状では『一番槍(やり)』で先手を打った岸田氏が先行しているが、石破氏らが出てくれば、状況は分からなくなる。自民党は人材が豊富だ。4、5人で争い、幅広く政策を論じてもらいたい」と語っている。

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  5. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート