松崎しげる「エンタメの灯を消さない」 7回目の「黒フェス」開催

サンスポ
「黒フェス」に出演した左からももいろクローバーZの佐々木彩夏、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、松崎しげる、松本伊代
「黒フェス」に出演した左からももいろクローバーZの佐々木彩夏、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、松崎しげる、松本伊代

歌手、松崎しげる(71)が6日、東京・有明の東京ガーデンシアターで主催音楽イベント「黒フェス2021~白黒歌合戦~」を開催。7回目を迎えた今年は12組が出演し、「愛のメモリー」など計37曲を披露した。

松崎は新型コロナウイルスの感染対策で収容人数8000人のところを2000人に制限したと明かし、「安心安全のコンサートを心掛けました。エンタメの灯を消さないために前に進むことが大事」と力を込めた。

7月に背骨を圧迫骨折したタレント、松本伊代(56)は復帰後、初ステージに。「フェスに間に合ってよかった」と笑みがはじけた。5月に玉井詩織(26)、先月には百田夏菜子(27)がコロナ感染し、佐々木彩夏(25)も先月まで右末梢性顔面神経麻痺で入院していた4人組、ももいろクローバーZも顔をそろえて出演。「全員体調は大丈夫。元気にやっています」とファンを安心させた。

「黒フェス」に出演した左からももいろクローバーZの佐々木彩夏、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、松崎しげる、松本伊代
「黒フェス」に出演した左からももいろクローバーZの佐々木彩夏、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、松崎しげる、松本伊代

百田が「しげるが一緒に舞台に立ってくれると心強い。最近は『こげる』と呼んでいます」と松崎の日焼け顔にかけて笑わせると、松本は驚いた表情を見せながらも「これから私も『しげる』って呼ぼう」と追随。隣で松崎は「おじいちゃんと呼ばれるより、しげるって呼ばれる方がいいじゃない」と大喜びしていた。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告

  5. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」