約1カ月ぶりの“朝ドラ受け”で博多大吉が「おかえりモネ」神野マリアンナ莉子にエール!「泣ける」「温かい」の声 (1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

約1カ月ぶりの“朝ドラ受け”で博多大吉が「おかえりモネ」神野マリアンナ莉子にエール!「泣ける」「温かい」の声

博多大吉
博多大吉

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の第81話が放送された6日、ツイッターで「朝ドラ受け」というワードがトレンドに入った。朝ドラの後に放送される情報番組「あさイチ」(NHK総合)の冒頭で、MC陣がドラマの内容を受けてその感想を述べる“朝ドラ受け”だが、「あさイチ」が、東京五輪やパラリンピック開催などのため約1カ月間休止となっており、この日が久しぶりの受けとなった。MCを務める博多華丸・大吉、鈴木奈穂子アナウンサーの感想に多くの視聴者が歓喜。SNSには「ずっと待ってた!」「見られて嬉しい」などの声が寄せられた。

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育った主人公の永浦百音(清原果耶)が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」。ドラマはこの日から第17週「わたしたちに出来ること」(81~85話)がスタートし、百音が中継キャスターを務めるニュース番組「あさキラッ」で、番組視聴率が低下するという、大きな問題が発生した。特に、気象予報士の朝岡覚(西島秀俊)から代わった神野マリアンナ莉子(今田美桜)が務めるメインコーナーの視聴者離れが顕著で、ネットの反響をチェックしていたマリアンナは、テレビ局の気象班デスク、高村沙都子(高岡早紀)に「私、降ろされますか?」と不安を口にした。

番組内でのネットの声は残酷で、「(マリアンナは)説得力がないので見るのやめた」「神野マリアンナ莉子さん、かわいいけど、朝岡さんの方がよかったな」「神野マリアンナ莉子の予報より、朝岡さんの方が信頼できる。朝岡さぁ~ん!戻ってきてー」「(中継コーナーの)コサメちゃんと傘イルカくんもっと見たい 神野マリアンナ莉子じゃなくて」「神野マリアンナ莉子よりコサメちゃん派だわw」「朝岡さんはやっぱ信頼できた」「神野マリアンナ莉子さん、可愛いけどなんかタイプじゃないんだよね」などの感想がズラリ。これらの声を受け、マリアンナは百音に「私には何が足りない?」と相談した。百音は「神野さんに足りないものなんて私にはあるとは思えません。でも、もし、そんなものがあるんだったら、見つけましょう。で、身につけちゃえばいいんです。そしたら、神野さん、今よりもっとすごくなれるじゃないですか!」と助言した。マリアンナは「だよね…」と一言。涙をグッとこらえ「朝岡さんなんか、軽く超えてやる。うん!」と意気込んだ。

神野マリアンナ莉子役を演じる今田美桜 (C)NHK
神野マリアンナ莉子役を演じる今田美桜 (C)NHK
  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳