窪田正孝主演“ラジハⅡ”に髙嶋政宏出演 「滅入る日々を忘れられる極上の人間ドラマをぜひ」 - イザ!

メインコンテンツ

窪田正孝主演“ラジハⅡ”に髙嶋政宏出演 「滅入る日々を忘れられる極上の人間ドラマをぜひ」

窪田正孝(前列中央)ら“ラジハⅡ”チーム。右端が髙嶋政宏(C)フジテレビ
窪田正孝(前列中央)ら“ラジハⅡ”チーム。右端が髙嶋政宏(C)フジテレビ

窪田正孝が主演を務める10月スタートの月9「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」(月曜後9・0、フジテレビ系)に髙嶋政宏(55)が出演する。

「信長協奏曲」(2014年10月期)以来、7年ぶりの月9レギュラーとなる髙嶋は、以前から「手に汗握る派手な手術シーンがないのに何でこんなに面白いんだと単純に感動していた」と第一声。「コロナ禍によって一回中断していた連ドラ界。久しぶりの月9レギュラーで気持ちが引き締まる」と語る。

主人公の天才放射線技師・五十嵐唯織(いおり、窪田)が医学界のルールや型にはまらない掟破りともいえる方法で病の原因を探り、レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で“視えない病”を見つけ出していく作品。

髙嶋は、唯織が勤める甘春総合病院の新院長・灰島将人(まさと)を演じる。灰島は病院の“合理化“を第一に考え、働く者の意思や気持ちは二の次、経営上の無駄は一切排除しようとする冷酷無比な“最恐”男。そんな動きがラジエーションハウスを解散状態に追い込んでいく。

ヒール役だが、「鈴木雅之監督と脚本家の大北はるかさんという2人のファンタジスタ・コンビが創り出すわけだから一筋縄でいかない多重構造の役割になると思っている」と楽しみ、「普通、パート2ってだいたい落ちるものだが、驚異の進化を見せている“ラジハⅡ”。滅入る日々を忘れられる極上の人間ドラマをぜひお楽しみください」と呼びかけた。

キャストは本田翼、広瀬アリス、遠藤憲一、八嶋智人、和久井映見ら。

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  5. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート