菅首相の退陣表明で“政局相場”始動 医療、再生エネ急騰、楽天グループ急落 - イザ!

メインコンテンツ

菅首相の退陣表明で“政局相場”始動 医療、再生エネ急騰、楽天グループ急落

「菅退陣」で急騰した日経平均株価=3日午後
「菅退陣」で急騰した日経平均株価=3日午後

 とにかくお祭り騒ぎが好きなのが株式市場の住人。菅義偉首相の突然の退陣表明を受けて、3日の市場はほぼ全面高となり、日経平均株価も約2カ月ぶりに2万9000円台を付けた。次期首相をにらんだ銘柄が物色される場面もあった。

 3日の昼休み中に、菅首相が退陣することが明らかとなると、午後になって日経平均の上げ幅が600円を超える場面もあった。

 自民党総裁選に出馬表明している岸田文雄前政調会長は新型コロナ患者の病床確保を掲げていることから、東証2部上場で、医療機器や設備の販売を手がけるレオクラン(7681)が一時、ストップ高に。マザーズ上場で看護師や介護士の派遣事業を行うキャリア(6198)も急騰した。

 河野太郎行革担当相は脱原発が持論のため、再生可能エネルギー関連のレノバ(9519)なども買われた。

 高市早苗前総務相は「ニューアベノミクス」を掲げるなど後継政権が大規模な景気対策を打ち出す期待もあり、不動産や小売りセクターも総じて高かった。

 スガノミクス終焉を印象付ける一幕もあった。通信料金の値下げ圧力を強めてきた菅政権が退陣することからNTT(9432)やKDDI(9433)など大手通信株が急激に値を上げた。これに対し、通信業界への新規参入組として後押しがなくなるとの懸念から、楽天グループ(4755)が急落した。

 大手証券関係者は「今後の最大の焦点は、コロナ禍を打開するためにどういった経済対策を実施していくかだ。後任を決める自民党総裁選での議論に注目が集まる」と指摘した。

zakzak

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声