チェリオの「台湾カステラソーダ」にネット民衝撃「誰がこんな姿に…」 肝心の味は「ガチでカステラ味でわろてる」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

チェリオの「台湾カステラソーダ」にネット民衝撃「誰がこんな姿に…」 肝心の味は「ガチでカステラ味でわろてる」

チェリオの「台湾カステラソーダ」
チェリオの「台湾カステラソーダ」

飲料メーカーのチェリオジャパンが、今年話題の人気スイーツをイメージした「台湾カステラソーダ」をローソン先行で発売した。斬新な新商品はすでにネット上で注目の的となっており、SNSには早くも食レポが寄せられている。気になるそのお味は-。

台湾カステラは台湾・淡水の名物スイーツ。見た目は日本のカステラのようだが、一口食べると口の中に広がる「ふわふわ・ぷるぷる・しゅわしゅわ」とした不思議な食感が特徴だ。

チェリオでは、ふわふわとした食べ物が大好きな開発者が試行錯誤し、なめらかでふわふわの食感を炭酸飲料で再現。封を開けると、焼きたての台湾カステラのようなフワっと立ち上がる卵の香りが広がり、“ふわしゅわ”の独特の食感は、優しく弾ける炭酸で表現。なめらかで濃厚な卵黄風味が、口の中いっぱいに広がるという。内容量は430ミリリットルで、オープン価格。8月30日からローソンで先行販売しており、9月16日から全国のお店やチェリオ公式オンラインショップなどで取り扱いを始める。

ネットでは本家のカステラ同様に大きな話題となっており、「味が全く想像できないから機会があれば飲んでみたいな」「気にならないこともない」と興味をそそられる人や、「台湾カステラ食えよ…」「なんで飲料にしたんだ」「飲んでみたいけど、台湾カステラを知らない」「手近なところだとセブンイレブンに売ってますよ。ふわふわで美味しいです!」といったコメントが書き込まれている。その斬新なアイデアには「すごい発想力だな」「考えたやつ天才すぎる」「よくこういうの思いついたね。すごい」などと感心の声が寄せられており、なかには斬新すぎて「台湾カステラ……お前……誰がこんな姿に…」と、その“変わり果てた姿”に呆然とする人も見受けられる。

SNSには早くも「台湾カステラソーダに挑戦します!」「台湾カステラソーダを飲むとかいう大冒険」などと、購入者がボトルの画像をアップ。気になる味については賛否両論、さまざまな感想が寄せられている。

意外にも?再現度の高さを絶賛するユーザーは多く、「ガチでしゅわしゅわのカステラ味でわろてる」「本当にカステラの味がした すごい」「おおおっ!お口の中は確かに台湾カステラの風味がっ!ほんのりタマゴ感もちゃんとあるのがゴイス」「口に入れた時の たまごの甘味とザラメの風味は確かにカステラそのもの」などの声が集まっている。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声