巨匠マーティン・スコセッシが震え上がった作品も ファン垂涎!!幻の名作ホラー12作品を上映「奇想天外映画祭2021」開催 - イザ!

メインコンテンツ

巨匠マーティン・スコセッシが震え上がった作品も ファン垂涎!!幻の名作ホラー12作品を上映「奇想天外映画祭2021」開催

 辞書によれば「奇想天外」とは《まったく思いもよらないような奇抜なこと》とある。新宿のケイズシネマでは4日から「奇想天外映画祭2021」が開催される。24日まで。

 名作ながら再上映されずにお蔵入りしたり、行方不明になったりしたホラー映画も少なくない。そうした作品をひもとく映画祭も今回で3回目。ファンなら見逃せない12作を上映する。

 その中の目玉となる作品を何本か紹介しよう。

 ます『赤い唇』(1971年、ハリー・クーメル監督)。ベルギー、フランス、ドイツの共作で日本初公開。ベルギーのある港町のホテルに宿泊した新婚夫婦は、伯爵夫人と名乗る謎めいた女性に禁断の世界に引きずり込まれる。

 怪奇幻想映画の巨匠クーメル監督は主人公のエリザベート伯爵夫人を演じるデルフィーヌ・セイリグを独特のエロチシズムで描き、ミステリアスの極致へと誘う。

 『赤い影』(73年、ニコラス・ローグ監督)は“映像の魔術師”といわれたローグ監督のカルト・サイコスリラー。

 まな娘クリスティンを事故で失い悲しみにくれるバクスター夫妻は仕事で訪れたベネチアで、霊感のある老姉妹から「赤いレインコートを着た少女(クリスティン)が、夫のジョンの身に危険が迫っているといっている」と告げられたことで悪夢が始まる。

 『デッド・オブ・ナイト』(45年、チャールズ・クライトンら監督4人による全5話のオムニバス)は、マーティン・スコセッシが映画史上最も怖いベスト11の第5位に選んだほど恐怖に満ちている。特に『鏡の話』と『腹話術士』が傑作の誉れ高いホラーの古典。

 『恐怖の足跡』(62年、ハーク・ハーヴェイ監督)はジョージ・A・ロメロやデヴィッド・リンチといった巨匠に大きな影響を与えたことで有名だ。原題が『魂のカーニバル』というくらい主人公を演じるキャンディス・ヒリゴスの揺れ動く心のさまが秀逸。

 上映日時などは劇場のホームページで確認を。 (望月苑巳)

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  5. 菅首相から「聖子ちゃん、権力に近いところに来なさい」 野田氏が幹事長代行に就いた内幕を披露/総裁選