【経営者目線】総裁選直前「私が見た自民党の内側」 「ワクチン接種済バッジ」丁寧な説明で理解 - イザ!

メインコンテンツ

経営者目線

総裁選直前「私が見た自民党の内側」 「ワクチン接種済バッジ」丁寧な説明で理解

ワクチン接種済バッジは秋以降に実施していく
ワクチン接種済バッジは秋以降に実施していく

 政府・自民党のコロナ対策の不満が横浜市長選の結果に出た。自民党総裁選(9月17日告示、29日投開票)で菅義偉首相が再選しても、このままでは、衆院選で自民党はかなり議席を減らすだろう。自民党の若手議員には、今こそ大胆な意見を期待したい。

 私も2019年まで1期6年、参院議員として党を内側から見てきた。率直な表現だが、自民党は江戸城に近い。慣習やしきたりがすべてで、能力や経験にかかわらず、「何年生が何をする」と決まっている。部会などでも重鎮が座る「ひな壇」と、それ以外の議員では別格の扱いを受ける。どの議員も確かに「自由」に発言することはできる、しかし何を言っても「ひな壇」である程度のシナリオは決まっている。

 私はもともと、アベノミクスの規制改革を実現したくて議員になった。ただ、農協改革をはじめ、あらゆる規制に改革案を意見しても、業界票を背負う議員から批判され続けた。会議の席では同調してくれないが、終わった廊下で「いい意見だった」「私もそう思う」、そう声をかけてくれる若手議員が何人もいた。

 彼らが信念と異なり、同調できないのには理由がある。一番は、それぞれが業界団体に推薦を受けていることだ。政治家はとにかく、自分が勝つか負けるかが第一になる。国民や国の未来はその次になる。さらに任期の長さや派閥の情実で、大臣などの人事も決まる。そうなると、派閥のボスの方針や、当選を重ねることが全てになる。

 私が見た中では、大臣就任前の河野太郎さんだけが、原発問題などで、族議員相手に堂々と意見をいう数少ない政治家だった。

 自民党が変わるためには「無党派をつかまなければ勝てない」と本気で思うべきだ。政府はデジタル改革を進める方針だが、無党派層をつかむためにも、本来は「選挙のネット投票」を一丁目一番地にすべきだ。投票率が上がれば、既得権や派閥に左右されない政治が近づく。

 総裁選候補の名前を見ても、菅首相より魅力的な名前はない。既得権や派閥に左右されない、菅首相の「信念の政治」に私は期待する。

 ワタミが各企業に先駆けて「ワクチン2回接種済みバッジ」で接客すると発表してからさまざまな意見があったが、丁寧な説明を続けた。

 「従業員に強制や義務はしない」「ワクチン接種を希望しない人には会社負担でPCR検査を実施しバッジに表示」「目的はお客さまに少しでも安心を提供したい」「経済をまわさないと、めぐりめぐって国民負担が厳しくなる」

 大胆な意見も、丁寧に説明すれば、理解と賛同を示してくれる。今の政府・自民党に必要なのも「大胆な意見」と「丁寧な説明」だと感じる。

 (ワタミ代表取締役会長 兼グループCEO・渡邉美樹)

zakzak

  1. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は
  2. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」