おかえりモネ、俺たちの菅波「どうしたの?」の破壊力にファン胸キュン「心臓に悪い」「優勝」 (1/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

おかえりモネ、俺たちの菅波「どうしたの?」の破壊力にファン胸キュン「心臓に悪い」「優勝」

菅波光太朗役を演じる坂口健太郎 (C)NHK
菅波光太朗役を演じる坂口健太郎 (C)NHK

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の第80話が放送された3日、「どうしたの」というワードがツイッターのトレンドに入った。キッカケは、この日のドラマで、俳優・坂口健太郎演じる若手医師、菅波光太朗が発したセリフ。そのシーンに多くのファンが興奮し、この言葉が“パワーワード”となった。SNSには視聴者からのコメントが殺到。「心臓に悪い」「素敵、優勝」といった感想がズラリと並んだ。

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育った主人公の永浦百音(清原果耶)が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く同作。ドラマはこの日が第16週「若き者たち」の最終日で、東京の大学病院に本籍を置く菅波が、地域医療に専念することを決めたと百音に伝えるシーンがあった。

菅波は、百音が宮城県登米市の米麻町森林組合で働いていた当時、そこに併設されていた「よねま診療所」に1週おきに東京から通っており、そこで百音と出会った。当初はとにかく無愛想で、百音にとってはとっつきにくい人物だったが、百音が気象予報士の資格に興味があると告白してから、その距離が急接近。試験前は連日、百音の勉強に付き合い、仕事と勉強を両立させようとする彼女を支えてきた。

3回目の受験で百音が気象予報士試験に合格し、上京する際、「先生と会おうと思えば、また東京でばったり…」とお礼を言うと、菅波は「人口1300万人ですよ。会いたい人に、そう簡単にばったり会えるような生ぬるい世界ではありません」と冷ややかに返答していた。。しかし、菅波が勤務する大学病院は、百音が住むシェアハウス「汐見湯」のすぐ近くにあり、第11週で2人が同じコインランドリーを使っていたことがわかった。そこで偶然の再会を果たし、以前よりもその距離は縮まってはいたが、両人ともとにかく恋に奥手で、プライベートではまだ、そば屋で1度昼食をとったことしかない。菅波は体質的にカキが合わず、過去、3回食べて3回食中毒になったという経験の持ち主だが、第14週では、百音のために、祖父の龍己(藤竜也)が育てたカキを決死の覚悟で食べるという男気を見せ、ネットを沸かせた。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  2. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」
  3. NHK大河ドラマ「青天を衝け」9月19日第27話あらすじ 駿府の財政改革に乗り出す栄一、箱館では喜作と土方が…