火星探査車、初の試料採取に成功か NASA発表

産経ニュース
火星探査車「パーシビアランス」が試料を採取した岩石。「ロシェット」と呼ばれている(米NASAジェット推進研究所提供)
火星探査車「パーシビアランス」が試料を採取した岩石。「ロシェット」と呼ばれている(米NASAジェット推進研究所提供)

米航空宇宙局(NASA)は2日(日本時間3日午前)、火星探査車「パーシビアランス」が初めて岩石試料の採取に成功したもようだと発表した。探査車に搭載されているカメラが撮影した画像が1日に届き、チューブから岩石試料がのぞいている様子が確認できたとしている。

試料が採取されたのは、「ロシェット」と呼ばれているブリーフケース程のサイズの岩石。NASAジェット推進研究所のプロジェクト・マネジャー、ジェニファー・トロスパー氏は「驚異的な成果だ。チームは(試料を取る)場所を決定し、実行可能で科学的に価値のある岩石を選んで、採掘した」とコメントした。

パーシビアランスは8月5日に最初の試料採取を試みたが、岩が細かく砕けたことで失敗していた。今回は、試料が取れていることを確実に確かめるため、チューブを密封する前に撮影する手順を加えた。

火星探査車「パーシビアランス」のカメラが撮影した、ドリルに入った試料チューブ。試料は鉛筆の芯より少し太い程度のサイズだという(米NASAジェット推進研究所、アリゾナ州立大学、マリン・スペース・サイエンス・システムズ提供)
火星探査車「パーシビアランス」のカメラが撮影した、ドリルに入った試料チューブ。試料は鉛筆の芯より少し太い程度のサイズだという(米NASAジェット推進研究所、アリゾナ州立大学、マリン・スペース・サイエンス・システムズ提供)

NASAは今回の画像は日照条件が悪くチューブの内部が良く見えないため、さらに画像を取得して確認を進めるとしている。より良い日照条件で撮影した画像と、日没後の画像を取得し、4日早朝にデータが地球に届く予定だという。

今年2月に火星に到着したパーシビアランスは、火星に生命が存在した証拠を見つけるため、約35億年前は湖だったとされる「ジェゼロクレーター」の探査を続けている。岩石から採取された試料は、後続の探査機が容器を2030年代に地球に持ち帰り、詳細に分析する計画だ。

  1. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  2. 【断末魔の中国】習氏焦燥…コロナさらに蔓延で北京五輪開催危機 ジェノサイド・軍事威嚇で〝世界に友人居ない〟中国 新幹線で「共同貧乏」党幹部は戦々恐々

  3. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」