【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】ワクチン接種後、どこまで効果が持続する? 抗体低減でも重症化予防効果か - イザ!

メインコンテンツ

ギモン解消!!ワクチン接種Q&A

ワクチン接種後、どこまで効果が持続する? 抗体低減でも重症化予防効果か

ワクチンを接種する米フロリダ州の高校生(ゲッティ=共同)
ワクチンを接種する米フロリダ州の高校生(ゲッティ=共同)

 ワクチン接種後、どこまで効果が持続するのかについて、さまざまな調査が出始めた。

 英キングス・カレッジ・ロンドンの研究チームによると、米ファイザー製ワクチンを投与された人は、2回目の接種から1カ月後の時点で88%だった感染予防効果が、5~6カ月後に74%に低下した。英アストラゼネカでは、1カ月後に77%だったのが4~5カ月後に67%に弱まっていたという。チームを率いるティム・スペクター教授は英国でワクチンを優先接種した高齢者や医療従事者らの感染予防効果が冬には50%未満に低下する恐れがあるとして、3回目の接種が必要だと強調した。

 だが、接種完了後に陽性になる可能性はあっても重症化を防ぐ効果は続くとされ、英当局はワクチンによって推計約8万5000人の死亡を防ぐことができたと分析している。

 藤田医大(愛知県)は、ファイザー製ワクチン接種を受けた人で、2回目接種から約14日後と約70日後の抗体量を比較したところ、約4分の1まで減少していたとする調査結果を発表した。同様の調査結果は国内外で出ており、2回目接種から時間が経過すると、感染力の強いデルタ株などに対し発症予防効果が下がると考えられているという。

 一方、接種1回より2回の方が抗体量が増えたことも確認された。調査した土井洋平教授は「ワクチンを接種した方が抗体量が多くなるのは間違いない。接種を受け、重症化や入院に至るケースを減らしていくことが引き続き大事だ」と強調した。

zakzak

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人