綾野剛と藤井道人監督、フジ「月10」枠「アバランチ」で再タッグ 「月10見るのスマスマ以来」と期待高まる(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

綾野剛と藤井道人監督、フジ「月10」枠「アバランチ」で再タッグ 「月10見るのスマスマ以来」と期待高まる

綾野剛
綾野剛

俳優、綾野剛が、10月に新設されるフジテレビ系新ドラマ枠「月10」の1作目「アバランチ」(月曜後10・0)で主演を務めると3日、ドラマを制作するカンテレの公式サイトで明かされた。発表を受け、同日朝のヤフーリアルタイム検索トレンド上位に、「月10」「アバランチ」がランクインして、視聴者の関心が集まった。

10月18日スタートの同作は、政治家ら富と権力を持った強者だけではなく、一般市民においてもモラルハザードが叫ばれる令和の日本を舞台に、謎に包まれたアウトロー集団・アバランチの過激かつ痛快な活躍を描くオリジナル作品。綾野は同集団のメンバー・羽生(はぶ)誠一を演じる。演出は、綾野の主演映画「ヤクザと家族 The Family」を手掛けた藤井道人監督が担当。一昨年の「新聞記者」で日本アカデミー賞3部門を制した人気監督とトップ俳優の再タッグが実現した。

放送は、フジ系で10月からスタートする月曜午後10時の連ドラ枠。「月9」に続くドラマのリレーで、「ドラマの月曜」として定着するか注目される。また、現在月曜午後10時枠で放送されている「所JAPAN」は、10月から火曜午後9時枠に移動する。

発表を受け、ツイッターやネットニュースのコメント欄では綾野のファンが歓喜。「綾野剛×藤井道人監督 面白そう! オトナが観るドラマを想定した時間帯と内容っぽいですね」「ヤクザと家族、とても素晴らしい映画でした。綾野剛さんと藤井監督ということで期待しています」「藤井監督の隙のない映像がばっちりハマりそう。綾野剛くんも鬼かっこいいだろうな 月曜の憂鬱を吹き飛ばす痛快なドラマを期待!」など、藤井監督との再タッグに大きな期待が寄せられている。

  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」