【日本復喝】米報告書でコロナ起源の特定至らずも…深まった武漢研究所“流出疑惑” 中国の透明性欠ける対応に批判、WHOへの書簡は中国の「寝言」(1/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

日本復喝

米報告書でコロナ起源の特定至らずも…深まった武漢研究所“流出疑惑” 中国の透明性欠ける対応に批判、WHOへの書簡は中国の「寝言」

習近平国家主席(AP)
習近平国家主席(AP)

 日本で1万5900人以上、世界全体で449万人以上もの犠牲者を出した新型コロナウイルスの「起源」について、米情報機関を統括する国家情報長官室は27日、調査報告書の概要を公開した。世界が疑惑視していた中国・武漢にある「中国科学院武漢ウイルス研究所」からの流出説については、証拠が足りず確定的な結論を導けなかった。ただ、これで習近平国家主席率いる中国共産党政権が「潔白」というわけではない。ジョー・バイデン米大統領は声明で、中国による「情報隠し」を痛烈に批判した。産経新聞論説副委員長の佐々木類氏が迫った。

 「大山鳴動してネズミ一匹」というなかれ。証拠隠滅に走ったことが疑われる中国政府の協力が得られない以上、想定内の結果となった。27日に公表された新型コロナの「起源」に関する米機密報告書のことだ。

 報告書概要を公開した米国家情報長官室は、ウイルスが動物から人に感染したのか、当初感染が拡大した中国・武漢の武漢ウイルス研究所から流出したのかという2つの仮説を裏付けるのに「十分な証拠がなかった」と説明し、結論付けられなかったと表明した。

 情報機関は2つの仮説が「妥当と思われる」との見解では一致しているが、どちらかで「意見が割れている」という。

 報告書は「ウイルスが生物兵器として開発されたものではないと判断している」とし、遺伝子操作された可能性は低いとの見方も示した。

 だからといって、中国自身が晴れて無罪放免になると考えたら大間違いだ。中国政府が躍起になって否定する研究所からの「流出説」が、今回の報告書で証明されなかったのは確かだが、動物感染も証明されていない。まだどちらの可能性も残っているからだ。

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  3. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳