DX着手の県内企業わずか1割 群馬経済研調べ

産経ニュース

群馬銀行系のシンクタンク、群馬経済研究所(前橋市)がまとめた県内企業のデジタル化に関するアンケートによると、業務をデジタル技術で変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)は必要性を認めつつも実施に着手した企業はわずか11・3%にとどまることが分かった。コスト負担などが足かせとなり、デジタル化の遅れが浮き彫りになった。

それによると、DXの取り組み状況は「全く取り組んでない」との回答だけでも半数近くに上り、「情報収集中」「検討中」の未着手の企業も合わせると9割超だった。

一方、「着手した段階」はわずか5・4%。着手はしていても「進んでいない」とする企業は5・9%あった。

DXの必要性については「大いに感じている」「多少感じている」が計64・1%となり、デジタル化への意識は浸透しているとみられる。

ただ、「(DXが)進んでいない」企業にハードルとなっている理由を聞いたところ、コスト負担や人材不足のほか、導入効果が読めないとする回答が寄せられた。他にセキュリティーへの懸念も指摘された。

調査は今年5月に県内企業1千社を対象に行い、228社が回答した。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は