金持ち企業ランキング 「パナ」「ファストリ」を抑え1位になったのは? - イザ!

メインコンテンツ

金持ち企業ランキング 「パナ」「ファストリ」を抑え1位になったのは?

ITメディア
ネットキャッシュで比較する「金持ち企業ランキング」(画像はイメージ)
ネットキャッシュで比較する「金持ち企業ランキング」(画像はイメージ)

与信管理サービスを提供するリスクモンスター(東京都中央区)が、企業のネットキャッシュを比較する「金持ち企業ランキング」を発表した。前回調査で初めて1位を獲得した任天堂が今年も1位となり、2年連続の首位となった。

20年4月期決算以降の最新決算に基づき、企業の現預金から借入金などの有利子負債を差し引いた手元資金を示すネットキャッシュを比較した。また今回から、日本会計基準の企業に加えて国際財務報告基準採用企業を集計対象に追加した。そのため、今回新たにランクインした企業があった。

1位の任天堂は1兆1852億円で、前回より約3000億円も増加した。現預金保有量ではランキング12位となる多くのキャッシュを保有しながら、有利子負債が0円であることがランキングトップの要因となった。

2位は信越化学工業で8391億円、3位は初のランクインとなるファーストリテイリングで6235億円だった。4位以降は、SMC(6185億円)、SUBARU(5734億円)、三菱電機(5185億円)、セコム(4507億円)と続いた。

前回と比較して順位を上げた企業として、好調な業績を背景に営業キャッシュフローを確保し現預金を蓄積してネットキャッシュを増やしたスズキ(前回47位→19位)と、村田製作所(前回ランク外→20位)が挙げられた。一方、コロナ禍で大きな影響を受けたオリエンタルランド(前回20位)は598位、日本航空(前回29位)は2965位と大きく順位を下げた。

上位20社の業種をみると?

上位20社の業種をみると、14社が製造業だった。内訳は、電気機械器具製造業(三菱電機、パナソニック、小糸製作所、村田製作所)、輸送用機械器具製造業(SUBARU、シマノ、スズキ)、その他の製造業(任天堂、SMC、ファナック、キーエンス、日東電工、京セラ、塩野義製薬)と、製造業の手元資金が潤沢な企業が目立った。

リスクモンスターは「前回調査時に多額のネットキャッシュを保有していたオリエンタルランドや日本航空が、コロナ禍で急激に事業環境が悪化しても事業を維持できているのは、十分なキャッシュを有していたことが大きな要因といえる。今後はキャッシュの重要性が再認識される可能性が高い。コロナ禍によって傷付いた日本経済で、これら上位の安定性の高い企業が中心となり経済回復のけん引役となることを期待したい」とコメントした。

調査は3286社を対象に、6月2日時点で開示されていた決算書の分析に基づき実施。ネットキャッシュは、日本会計基準では「現預金-(短期借入金+長期借入金+社債+1年以内返済の長期借入金+1年以内償還の社債+割引手形)」、国際財務報告基準では「現預金-有利子負債」「現預金-(借入金+社債+割引手形)」「現預金-(短期借入金+長期借入金+社債+1年以内返済の長期借入金+1年以内償還の社債+割引手形)」のいずれかの計算式で算出した。

関連記事
  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人