【エンタなう】広島ヤクザの恐ろしさが憑依、凶悪さが光る鈴木亮平 映画「孤狼の血 LEVEL2」 - イザ!

メインコンテンツ

エンタなう

広島ヤクザの恐ろしさが憑依、凶悪さが光る鈴木亮平 映画「孤狼の血 LEVEL2」

鈴木亮平(左)演じる広島ヤクザの容赦ない凶悪さが光る
鈴木亮平(左)演じる広島ヤクザの容赦ない凶悪さが光る

 暴力団と対決する刑事を描いた柚月裕子の人気小説「孤狼の血」シリーズ。前作で殺られた刑事の相棒だった日岡秀一(松坂桃李)を主人公に、続編「凶犬の眼」へとつながるオリジナルとして白石和彌監督が手がけたのが映画「孤狼の血 LEVEL2」(公開中)。成長した日岡が綱渡りの末、極限状態に置かれ、血で血を争う壮絶バトルは、映画でしか描けない世界だ。

 1991年、広島の抗争を止めようと、日岡は自身を兄と慕う近田(村上虹郎)をS(スパイ)として県内最大の広域暴力団「広島仁正会」に潜入させる。その姉、真緒(西野七瀬)とは男女の仲だ。そこに、親子の杯を交わした直参の会長(石橋蓮司)を日岡の手引きで殺害された上林成浩(鈴木亮平)が出所してきた。

 上林は自身を懲罰房に入れた刑務官の妹(筧美和子)を出所後すぐに惨殺させるほど凶暴。忠義を忘れてバブル景気に浮かれ、経済ヤクザ路線を歩む組幹部ら身内にも容赦なく凄惨な制裁を加えながら、日岡への報復を着々と仕掛けてゆく。

 これ以上ない悪役を演じる鈴木のカミソリのように鋭利なまなざしには、震え上がる。構成員の近田が怪しいと見抜いたときのヒリヒリする表情や、時代に抗うような組事務所への体当たり突撃など、狂気に満ちたヤクザの恐ろしさを見事に体現。柔らかい響きのある広島弁とは裏腹に、濃密な人間同士の裏切りとつぶし合いを好演した松坂が食われる勢いだ。(中本裕己)

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート