イスラエル、パレスチナ自治政府へ経済支援で合意

産経ニュース

イスラエルのガンツ国防相は30日、財政難に苦しむパレスチナ自治政府に対し、5億シェケル(約170億円)の融資を含む経済支援の実施で自治政府のアッバス議長と合意したと明らかにした。イスラエル紙ハーレツなどが伝えた。2人は29日夜、2010年以来となる両者の高官級会合としてヨルダン川西岸ラマラで会談していた。

ガンツ氏は「自治政府が強くなれば(自治区ガザを実効支配する)イスラム組織ハマスは弱くなる」と述べ、西岸を統治する自治政府ともイスラエルとも対立するハマスの弱体化が目的だと強調した。

イスラエルは1990年代にできた取り決めで、パレスチナへの輸入品の関税などを代行徴収し自治政府に送金している。自治政府は2022年6月以降、この代行徴収分から5億シェケルをイスラエルに返済する。(共同)

  1. 英科学誌・ネイチャーが韓国をバッサリ「カネでノーベル賞は買えない」

  2. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」

  5. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」