ヒロミ&東野幸治MC初タッグ 東京五輪開会式「動くピクトグラム」HIRO-PONも登場 - イザ!

メインコンテンツ

ヒロミ&東野幸治MC初タッグ 東京五輪開会式「動くピクトグラム」HIRO-PONも登場

スタジオでは楽しいトークも。(左から)ヒロミ、川崎鷹也、東野幸治(C)フジテレビ
スタジオでは楽しいトークも。(左から)ヒロミ、川崎鷹也、東野幸治(C)フジテレビ

タレントのヒロミ(56)と東野幸治(54)がMCで初タッグを組む水曜NEXT!「東京ブロードウェイ」が9月1、8日深夜にフジテレビで放送される。

今回は話題のゲストを迎え、スタジオショーとして少人数の客席との双方向でやり取りしていく。

スタジオに入ってきた東野は、開口一番「こういうセットを組んでわれわれもパフォーマンスが見られる。こんなありがたいことはない」と興奮気味。ヒロミも「30年くらい前に『冗談画報』という番組があって(あの番組みたいに)生で見るのはなかなかいいもの」と同調した。ちなみに「冗談画報」(1985年10月~88年3月、フジ)には、ヒロミが所属していたお笑いトリオ、B21スペシャルが出演していた。

ゲストは、シンガーソングライターの川崎鷹也とパントマイムパフォーマーのHIRO-PON(が~まるちょば)。

川崎は、TikTok総再生回数3億回超えの「魔法の絨毯(じゅうたん)」を披露し、妻との秘話を明かすと、ヒロミは「(川崎の苦労話を)聞いてから歌を聴いたらもっと泣けたわ。その気持ちを忘れないでね」と吐露する。

HIRO-PONは、東京五輪の開会式で世界を圧倒した「動くピクトグラム」のパフォーマンスについて舞台裏を語る。バドミントンのところでラケットを落としたハプニングが話題になると「みんな、それ聞きたがるね」と笑顔で真相を話し始める。

8日放送には、お笑いコンビ・パーパーとパリ五輪の新種目「ブレイキン」で金メダル最有力候補といわれるShigekix(半井重幸)が登場。MCの2人に「どちらかブレイキンに挑戦してほしい」と提案する。さて、おじさんたちの反応は?

ヒロミは収録後に「なんかいいな。俺もB21スペシャルで出演したいなー」と満足そうに話していた。

1日は深夜0時30分、8日は深夜0時25分から、いずれも関東ローカルで放送。アシスタントを矢作穂香が務めている。

放送後は未公開シーンがたっぷり入ったロングバージョンをFODで配信予定だ。

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」