ロッテが元広島・小窪を獲得 NPB復帰にネット民沸く「努力の賜物」「ようこそマリーンズへ!」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

ロッテが元広島・小窪を獲得 NPB復帰にネット民沸く「努力の賜物」「ようこそマリーンズへ!」

広島時代の小窪哲也
広島時代の小窪哲也

プロ野球のロッテは31日、かつて広島で活躍し、今季は独立リーグ、九州アジアリーグの火の国サラマンダーズ(熊本)でプレーしていた小窪哲也内野手(36)の入団を公式サイトで発表した。ネットにはロッテファンから歓迎の声や、「熊本に来てくれてありがとう!復帰おめでとうございます!」と感謝のコメントが書き込まれている。

小窪は球団の公式サイトを通じて「色々な方に支えられて、色々な方に励まされながら野球を続けてマリーンズに入ることができました。優勝争いをしているチームの一員になれることを光栄に思います。しっかりと準備をしてチームの勝利に貢献していけたらと思います」とコメント。背番号は36に決まった。

小窪は大阪・PL学園から青学大に進み、2008年に大学生・社会人ドラフト3巡目で広島に入団。堅実な守備と打撃を武器に13年間プレーした。通算成績は705試合で打率.259、18本塁打、153打点。16年には選手会長を務め、25年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

20年に退団後は他球団への移籍を模索し、今年6月に火の国に入団。「大好きな野球を続けさせて頂けることに、感謝の気持ちでいっぱいです」としていた。

東京五輪の開催に伴い、従来は7月31日だった新戦力の獲得期限は今季に限り8月31日となっており、現在2位と好調のロッテは、47年ぶりとなる勝率1位でのリーグ優勝を目指して期限最終日に補強した。

このニュースを受け、ツイッターでは「NPB復帰」「小窪さん」などのワードがトレンド入り。野球ファンから「小窪選手、ようこそマリーンズへ!」「努力の賜物。復帰おめでとうございます!」「交流戦での対戦楽しみにしてます!」などと祝福の声が寄せられている。

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  5. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート