おかえりモネで株急上昇!恒松祐里演じるすーちゃんに「大人で冷静な対応はさすが」「今日のMVP」の声ズラリ (1/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

おかえりモネで株急上昇!恒松祐里演じるすーちゃんに「大人で冷静な対応はさすが」「今日のMVP」の声ズラリ

野村明日美役を演じる恒松祐里 (C)NHK
野村明日美役を演じる恒松祐里 (C)NHK

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の第76話が放送された30日、ツイッターで「すーちゃん」がトレンドに入り、女優・恒松祐里演じる野村明日美の株が急上昇。SNSに「一番大人」「カッコいい」「泣けるな」などの感想が多くの視聴者から寄せられた。

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育った主人公の永浦百音(清原果耶)が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」。ドラマはこの日から第16週「若き者たち」がスタートし、先週のラストで行方をくらました百音の幼なじみ、及川亮(永瀬廉)の居所が分かり、百音が駆け付けるまでの様子が描かれた。

地元の宮城県気仙沼市で漁師として働く亮は、父の新次(浅野忠信)が、亡くなった妻、美波(坂井真紀)のことで再び酒を飲んで暴れたことを知り、東京で行方をくらませていた。東京で働くの百音のもとに突然姿を見せた亮は、新次のことを、百音に相談しようとしていた。

ほどなくして、百音と妹の未知(蒔田彩珠)は、母の亜哉子(鈴木京香)からの電話で、亮が高速バスで東京・新宿から気仙沼に戻ることになったと聞き、少し安心。その日の午前7時半、「親方こええからソッコー帰る」という亮からのメールが、百音と同じ「汐見湯」の住む幼なじみの野村明日美(恒松祐里)のスマートフォンに入った。亮は同8時20分発のバスに乗るという。

明日美は「みーちゃん(未知)、行こう!」と誘うが、未知は「ごめんなさい。私、行かないです」とそれを拒否。未知は亮に恋心を抱いており、その直前、大事な時に亮が百音を頼ることに不満を爆発させ、百音と衝突していた。

「りょーちん(亮)が来てもらいたいのは、お姉ちゃんだから…」という未知。その言葉に明日美は「みーちゃんさぁ、そんなの、分かってるよ…」と切り返した。明日美は、幼少期から亮に好意を抱いており、地元の宮城県気仙沼市にいたころは、年に1度のペースで亮に告白するほど、彼のことが大好きだった。

  1. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声