西郷輝彦 ステージ4のがん闘病「薬剤を打つだけ」の最先端治療とは - イザ!

メインコンテンツ

西郷輝彦 ステージ4のがん闘病「薬剤を打つだけ」の最先端治療とは

ポストセブン
闘病のためオーストラリアで治療を受けた西郷輝彦(写真/時事通信フォト)
闘病のためオーストラリアで治療を受けた西郷輝彦(写真/時事通信フォト)

がん患者にとって「ステージ4」という宣告は、「これ以上の治療ができない状態」のように感じるかもしれない。しかし、海外には日本では承認されていない最先端の治療法があり、一縷の望みを託して海を渡る人もいる。俳優の西郷輝彦(74才)も日本を離れ、治療に臨んでいた──。

青く澄んだ空の下、シドニーの空港に日本からの旅客機が舞い降りた。新型コロナウイルスの影響か、空港は閑散としている。健康チェックを受け、バスに乗せられてホテルへ。14日間の隔離生活の始まりだ。バスの中は緊張した空気が張り詰めているが、1人の日本人男性の目には、強い力が宿っていた──。

4月末、オーストラリア・シドニーに降り立ったのは俳優の西郷輝彦だ。この日から3か月、彼は命をかけた治療に挑むことになる。

「私のがんが消えた、画像をこの目で見たんです! 消えたんです」──8月22日、『24時間テレビ44 想い〜世界は、きっと変わる。』(日本テレビ系)に出演し、こう喜ぶ西郷の姿を目にし、安堵した人も多いだろう。

彼に最初の前立腺がんが見つかったのは、2011年のことだった。当時は病気を公表することなく、極秘のうちに前立腺を全摘出する手術を受けた。それから6年後の2017年11月に再発が発覚。背中に激痛が走り、すぐさま検査をしたところ、医師から告げられたのは「骨へのがん転移」。舞台の降板を余儀なくされた。

あまりの進行の速さに、当時、主治医は緩和ケアをすすめたが、西郷は完治を諦めず、積極的な治療を選んだ。その日々は、決して穏やかなものではなかった。

《去年中に抗がん剤を2本投与しました。打った後は間違いなく医師の予測通りのことが起こります。昨日まで何ともなかった髪が次の日にドッサリと抜けて、、、》(2018年1月に更新したブログより)

それでも、2019年にはドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)に出演。大泉洋(48才)が演じる主人公が勤める自動車メーカーの社長を好演した。

このまま、がんの進行を抑えながら、俳優として仕事も続けられるのではないか――闘病を知る誰もが11回にわたる放射線治療や抗がん剤の投与の効果を期待した。

しかし、運命とは残酷なものだ。今年の春、医師からがんが進行していることを告げられた。進行度は「ステージ4」。「PSA(前立腺特異抗原)」という腫瘍マーカーの数値も一気に増えていた。西郷は落胆を隠さなかった。

「突然上昇したPSAなんですよ。だってね、たかが3か4だったのがですよ? ある日325に上がったんです」(西郷のYouTubeより)

数値が急変したのは、がんが背中や胸の広範囲に転移していたからだった。

「もう74才まで生きたんだ。あとは静かに面白おかしく暮らせって思うでしょ。でもね、まだやりたいことがたくさんあるんだよ。願いはただひとつ。なんとか、もう少しだけ好きな仕事をさせてほしい」(西郷のYouTubeより)

もう少しだけ――そう願うのには理由があった。彼は2人の兄を背負って生きてきたからだ。

「西郷さんは、3人兄弟の末っ子なんですよ」

古くから西郷を知る人物がぽつりぽつりと話す。

「2人のお兄さんはどちらも、若くして亡くなっているんです。2才年上のお兄さんは、西郷さんが9才のときに、海で熱中症になって命を落としてしまった。運動神経が抜群で人気者だったそうです」(西郷の知人)

5才年上の長兄はジャズが好きで、ドラムが上手だった。西郷はこの兄の影響で音楽に興味を持った。

「そのいちばん上のお兄さんも、西郷さんが15才のときに亡くなってしまった。仲間と釣りに出かけた際、船の事故で命を落としたそうです」

西郷が歌手を目指して家出をしたのは、その直後のことだった。そして、バンドの下働きをしながら歌手デビューをつかみ取る。

「西郷さんは、夢半ばにして亡くなった2人のお兄さんの分まで生きてやりたい、という思いが強いんです。だから、74才だってまだまだ生き足りないのだと思います」(前出・西郷の知人)

◆基本的には薬剤を打つだけ

ステージ4を宣告された際、国内での標準治療はすべて受けてしまっていた。そこで、日本で未承認の治療法を見つけ、一縷の望みをつないだ。

選んだのは「PSMA治療」というもの。オーストラリアに滞在しながら、3回にわたって注射による薬の投与を行うという。前立腺がんの治療に詳しい、くぼたクリニック松戸五香の泌尿器科専門医・窪田徹矢さんが解説する。

「前立腺がんの標準治療を受けたにもかかわらず、転移したり進行したりしている患者のための治療法です。基本的には、ルテシウムという薬剤を静脈に注射するだけ。体に負担をかけないので、48時間ほど経過観察をするだけで退院できます」

静脈に注入されたルテシウムは、前立腺がんの細胞表面にある特殊なたんぱく質である「PSMA」と結合。薬剤が放射線を出すことで、がん細胞を消滅させる。薬剤があれば日本でも治療ができそうだが、扱う病院はほとんどない。

「薬剤が放射線を発するため、厳重に扱う必要があります。まだ日本では取り扱いのガイドラインがなく、対応できる医師がほとんどいない。そのため、海外で治療を受けるケースが多いのです」(窪田さん)

西郷は1回目の注射を打った後、動揺していた。なぜなら、減るはずの数字が逆に増えていたからだ。325だったPSAの値は510になっていた。1回目で効果がないということは、体質的に合わないのでは? 残り2回で本当に効果があるのか? オーストラリアでの治療が最後の希望だっただけに、結果は重く心にのしかかった。

PSMAの薬剤投与は8週間の間隔をおいて行う。日本での標準治療と比べ多額の費用と時間がかかるため、1回で諦めて帰国する患者もいるという。しかし、西郷は諦めなかった。2回目の投与に向けて、主治医たちとミーティングを重ね、ほかの薬との併用や投与の方法など、成功する方法を模索した。そして迎えた2回目の薬剤投与。西郷は祈るような気持ちで結果を待った。そしてCT画像を見た瞬間、こう叫んだ。

「がんが消えた!」

力強く叫ぶ横では、がんを発症して10年もの間、闘病を支えてきた妻の明子さんが涙を浮かべていた。

彼のように、オーストラリアでPSMA治療を受ける日本人は少なくないという。

海外でのがん治療をアテンドする「がんメディカルサービス」の竹内規夫さんが言う。

「この治療はEU諸国やアメリカ、イスラエルなどでも受けることができますが、日本との時差がほとんどないことや、英語が通じることからオーストラリアが選ばれるのでしょう。海外でこうした治療を受けるには、日本の紹介会社や病院を介して、現地のコーディネーターに依頼する必要があります。コーディネーターに依頼さえできれば、個人で用意するのはパスポートくらいです」

誰でもできそうに聞こえるが、治療費を用意するのは、簡単ではないかもしれない。

「1回の投与につき150万~200万円ほどかかります。西郷さんのように3回の投与を行うなら、おそらく600万円ほどでしょう。さらに渡航費や現地での生活費を含めると、1000万円近くになり、一般の人ではなかなか手が出せないでしょう」(窪田さん)

治療のためにオーストラリアへ渡ってから約4か月が経った。西郷が笑顔で帰国する日は近いだろう。

※女性セブン2021年9月9日号

関連記事
  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」