保護者が支持する「教育系YouTuber」ランキング 中田敦彦を抑えて1位になったのは? - イザ!

メインコンテンツ

保護者が支持する「教育系YouTuber」ランキング 中田敦彦を抑えて1位になったのは?

ITメディア
親が支持する教育系YouTuberは?
親が支持する教育系YouTuberは?

小中高校生の子どもがいる保護者500人が選んだ、教育系YouTuber人気ランキング1位は「小島よしおのおっぱっぴーチャンネル」(163票)――そんな結果がメディア事業を手掛けるCyberOwl(サイバーアウル、東京都渋谷区)の調査で分かった。

2位は「中田敦彦のYouTube大学」(134票)、3位は「松丸亮吾【ひらめきラボ】」(53票)だった。

1位の「小島よしおのおっぱっぴーチャンネル」は、四角形の面積の求め方や分度器の使い方などを解説している。例えば、「小1算数『時計のよみかた』」では、ホワイトボードやイラストなどを駆使して説明している。同チャンネルは、小島よしおだけでなく、作家や塾関係者とつくりあげているという。

保護者からは、「子どもの興味を引く工夫がなされているのと、子どもと一緒に楽しもうという雰囲気に親として共感するため。子どもも、小島さんを見ると喜ぶ」「説明が分かりやすくてお笑い要素もあって楽しめるので、あまり教育系の動画を見たがらない子どもたちでも見やすそうである」といったコメントが寄せられた。

2位の「中田敦彦のYouTube大学」については、「生活のことから時事問題まで幅広いジャンルを取り上げているのでためになる」「人気の漫画やアニメの紹介している」という意見があった。同社はラインアップの幅広さが支持されていると分析している。

3位の「松丸亮吾【ひらめきラボ】」は「遊び感覚で勉強できるのが子どもにとって学びやすい」と評価する保護者もいた。

YouTubeで学習させることをどう思うか

YouTubeで子どもに学習させることについて保護者に意見を聞くと、「良い」と「とても良い」が約8割を占めた。「良いとも悪いとも思わない」は19.6%、「悪いと思う」は0.6%という結果に。

教育系YouTuberの動画を視聴する頻度については、「1週間に1本」(24.0%)が最多で、「2~3日に1本」(18.0%)、「2~3週間に1本」(12.4%)と続いた。

CyberOwlは「お笑い要素を取り入れながら楽しく学習することや、子ども目線で分かりやすい説明やすぐに役立つ内容を取り入れたチャンネルが人気だ」と分析する。

今回の調査は、7月2~8日にインターネット上で実施。小中高生の子どもがいる保護者500人から回答を得た。

関連記事
  1. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く