米中、国防高官が初会談、オンラインで危機管理協議

産経ニュース

米国と中国の国防担当高官が先週、バイデン米政権の発足後初めてとなる会談をオンライン形式で実施していたことが27日、分かった。ロイター通信が報じた。

覇権主義的な動きを強める中国との偶発的な衝突を避けるために国防当局間で「危機管理」について協議した。

ロイターによると会談したのは、米国のマイケル・チェイス国防副次官補(中国担当)と中国共産党中央軍事委員会の黄雪平・国際軍事協力弁公室副主任。

バイデン政権は、中国を「唯一の競争相手」と位置付けているが、衝突は望まない立場だ。

オースティン米国防長官と中国側との会談は実現していない。カウンターパート(交渉相手)をめぐり、米中で誰がふさわしいか折り合わない事情があるとみられる。(共同)

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終