阪神・大山がついにスタメン落ち! 4番にサンズ、3番・ロハス

サンスポ
27日の広島戦で最後の打者となった阪神・大山=マツダスタジアム(撮影・村本聡)
27日の広島戦で最後の打者となった阪神・大山=マツダスタジアム(撮影・村本聡)

(セ・リーグ、広島―阪神、15回戦、28日、マツダ)阪神・大山悠輔内野手(26)が5月2日の広島戦(甲子園)以来となる今季2度目のスタメン落ちとなった。後半戦13試合に出場し、4本塁打ながらも打率は・184と低迷。27日には3度の好機で凡退し、得点圏打率・198とバットが湿っていた。大山に代わってサンズが4番に座り、ロハスが7月3日の広島戦(マツダ)以来となる3番で出場。また糸原は「6番・三塁」で6試合ぶりにスタメン復帰する。先発はD5位・村上(東洋大)。5月30日の西武戦(メットライフ)以来、今季2度目の登板でプロ初勝利を目指す。

◆阪神

1番・中堅 近本

2番・遊撃 中野

3番・左翼 ロハス

4番・一塁 サンズ

5番・右翼 佐藤輝

6番・三塁 糸原

7番・二塁 木浪

8番・捕手 梅野

9番・投手 村上


◆広島

1番・中堅 野間

2番・左翼 西川

3番・遊撃 小園

4番・右翼 鈴木誠

5番・捕手 坂倉

6番・一塁 松山

7番・二塁 菊池涼

8番・三塁 林

9番・投手 野村

  1. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」

  2. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  3. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  4. 【劇場型半島】大韓航空機爆破犯の金賢姫元工作員はなぜ「横田めぐみさんは生きている」と確信しているのか

  5. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」