【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】特別休暇は中小で3割…大企業との「格差」浮き彫り 帝国データバンク大阪支社が調査 - イザ!

メインコンテンツ

ギモン解消!!ワクチン接種Q&A

特別休暇は中小で3割…大企業との「格差」浮き彫り 帝国データバンク大阪支社が調査

 帝国データバンク大阪支社が関西の企業を対象に行った調査で、ワクチン接種に関する大企業と中小企業の「格差」が浮き彫りになった。

 調査は6月に実施し、関西に本社を置く1824社が回答した。ワクチン接種への取り組み状況について、「各自の居住地での接種を推奨」と答えた割合は大企業が41・1%だったのに対し、中小企業は54・3%と半数を超えた。「外部の医療機関などが出張し社内施設での接種の実施」と答えたのは大企業が8・3%だった一方、中小は1・1%。「企業内診療所などで接種の実施」も大企業の6・2%に対し、中小は1・3%しかなかった。

 さらに「ワクチン接種のための特別有給休暇などを付与」との回答は、大企業が39・0%だったのに対し、中小は32・3%にとどまった。

 自由記述では、中小企業から「職場接種可能な大企業との格差を痛切に感じる」(卸売業)、「商工会議所などが主催の共同接種があれば参加したいが、そのあたりの連絡がない」(製造業)などの声があった。

 一方、帝国データバンクが7月に行った全国の企業を対象にした意識調査では、ワクチン接種を希望する従業員の状況を自社で「把握している」のは66・7%にのぼった。

 内訳は、「希望者はほとんど接種した」が6・4%だったが、「希望者はある程度接種した」が25・6%、「希望者もあまり接種していない」が34・7%だった。現役世代の接種加速は急務だ。

zakzak

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声