【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】ワクチン接種後の健康被害、初の救済認定で29人中28人が女性 - イザ!

メインコンテンツ

ギモン解消!!ワクチン接種Q&A

ワクチン接種後の健康被害、初の救済認定で29人中28人が女性

厚労省の分科会がワクチン接種後の健康被害を審査した
厚労省の分科会がワクチン接種後の健康被害を審査した

 厚生労働省の感染症・予防接種審査分科会は、新型コロナウイルスワクチンの接種後にアナフィラキシーなどの健康被害が生じたとする医療手当の申請を初めて審査し、41人中29人の救済を認めた。認定されれば自己負担分の医療費や、入院・通院期間に応じた医療手当が支給される。

 審議されたのは、自治体を通じて審査申請した18歳から83歳までの男女41人。

 ワクチン接種後に重いアレルギー反応である「アナフィラキシー」が認定されたのは15人で、内訳は22歳から66歳までの女性が14人、40歳の男性が1人だった。

 「アナフィラキシー様症状」と認定されたのは、22歳から62歳の女性8人、「急性アレルギー反応」と認定されたのは26歳から64歳の女性6人だった。残り12人については保留とした。

 新型コロナのワクチン接種は、疾病の蔓延(まんえん)防止のため緊急に実施される「臨時接種」に位置付けられている。分科会は、申請内容が予防接種法に基づく健康被害救済制度の対象かどうかを審議し、接種前後のカルテなどから健康被害との因果関係が認められれば補償の対象となる。

 死亡は遺族に一時金4420万円などが支払われる。日常生活で介護が必要な1級障害が生じた場合は年間505万6800円の障害年金が給付される。請求期限はない。

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」