難治性「スキルス胃がん」治療に光明か がん研・慶大が発表「既存薬で効果期待」 保険適用は「最低でも2~3年要する」 - イザ!

メインコンテンツ

難治性「スキルス胃がん」治療に光明か がん研・慶大が発表「既存薬で効果期待」 保険適用は「最低でも2~3年要する」

堀江しのぶさん(写真)、逸見政孝さん、安田猛さんらもスキルス胃がんと闘った
堀江しのぶさん(写真)、逸見政孝さん、安田猛さんらもスキルス胃がんと闘った

 早期発見が難しい上、進行が速く転移もしやすいことで知られるスキルス胃がんの治療に光明だ。国立がん研究センターと慶応大が、スキルス胃がんに特徴的な遺伝子を発見したと発表、既存薬で効果が期待できるというのだ。治療は大きく前進しそうだ。

 スキルス胃がんは、しこりを作らずに胃の粘膜の下で広がる。多くの場合、発見時には腹膜に転移しており、生存率が低い。胃がん全体の5~10%を占めるが、発がんの仕組みがほとんど分かっていなかった。タレントの堀江しのぶさんやアナウンサーの逸見政孝さん、元ヤクルト投手の安田猛さんらもスキルス胃がんが原因で亡くなったとされる。

 今回の研究では、胃がん患者98人の腹水からがん細胞を採取し、遺伝情報(ゲノム)を網羅的に調べる「全ゲノム解析」をしたところ、特徴的な遺伝子の異常を7種類発見した。これらの異常をターゲットにした既存の分子標的薬を胃がんのマウスに投与すると、細胞の増殖が抑えられたり、おなかにがん細胞が散らばる腹膜播種(はしゅ)が消えたりした。スキルス胃がん患者の約25%で既存薬の効果が期待できるという。

 東邦大学医療センター大森病院消化器センター外科の島田英昭教授は、この発表を「全体として、臨床への期待の大きな研究だ」と評価する。

 実用化のめどについて島田氏は「医療保険が適用されるには従来の治療法との比較試験が必要なので、最低でも2~3年は要するだろう」とする一方、「(患者のがん細胞の遺伝子変異を調べる)ゲノム医療のような枠組みで自費診療を受けられる可能性や、治験に参加する形で比較的早く治療を受ける機会が訪れるかもしれない」との見通しを示す。

 研究に基づいて新薬が開発されるケースについて、医療ジャーナリストの吉澤恵理氏は「遺伝子異常をピンポイントで治療する技術の確立は大きな進歩だが、開発された新薬は(毎月の患者負担に上限を設ける)高額療養費制度を使っても、金銭的な負担は大きいのではないか」とみる。

 吉澤氏は「治験に進む新薬は事前にある程度の安全性が確認されているが、副作用がないわけではないので、十分な検討は必要だ」と話した。

zakzak

  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は