アフガニスタンで日本車が注目されている、なぜ? - イザ!

メインコンテンツ

アフガニスタンで日本車が注目されている、なぜ?

ITメディア
日本車のピックアップトラックが注目されている
日本車のピックアップトラックが注目されている

アフガニスタンでイスラム武装勢力タリバンが、アフガン政府を追い出したニュースが話題になっている。

2001年に米軍に崩壊させられるまでのタリバン(「タリバン1.0」と呼ばれる)政権による支配は、厳格なイスラム法によって多くの人々が自由を奪われ、大変な生活を強いられた。そして今、米軍のアフガニスタン侵攻から約20年におよぶ米軍とNATO部隊によるアフガニスタン駐留を経て、「タリバン2.0」の新たな政権が誕生しようとしている。

筆者はタリバン幹部に陥落前から取材をしており、その一部は動画でも公開している(参照リンク)。これから、さらに多くのインタビュー動画を公開する予定なので、詳しくはそちらをご覧いただきたい。現在、アフガニスタン国内では、欧米が支援しそうな反タリバン勢力(有力民兵指導者アフマド・マスード氏の抵抗勢力)も勢いを増しそうな気配があり、そうなると国内で戦闘が激化する可能性も否定できない。目が離せない情勢が続く。

そんなアフガニスタンだが、実はこうした混乱地域でのニュースのなかで、日本の自動車メーカーが一部で話題になっている。というのも、タリバンなどの武装勢力やアフガニスタン国外のテロ組織などが、日本メーカーの自動車を好んで使っており、今回タリバンが政権掌握したあと、欧米メディアで改めてこの事実がフォーカスされている。

ドバイに拠点を置く有名テレビ局のアルアラビアは、「日本の自動車メーカーによって製造された頑丈な自動車は、簡単に壊れないと評判なために非常に人気が高い。1990年代には、タリバン武装勢力の象徴的なシンボルにすらなって注目された」と報じている。

しかもトヨタ車は、国際テロ組織アルカイダやIS(イスラム国)などのテロ組織も好んで使っている。タリバンをはじめ、山岳地帯や舗装されていないような過酷な環境でも問題なく走り、さらにピックアップトラックなら荷台を改造しやすく、マシンガンなど武器も設置しやすいという。

頑丈さは折り紙付き

ISが勢いを持っていた15年ごろのプロパガンダビデオでも、街中を列をなして走るテロリストたちが乗っているのは、トヨタのピックアップトラックであるハイラックスまたはランドクルーザーだった。当時、「数百台の新車を持っている」などと言われていたこともあって、米財務省が「なぜ大量のトヨタ車がISの手に渡っているのか」をトヨタに問い合わせしていると、米NBCニュースは報じていた。

専門家たちは、ISシンパなどがトヨタ車を正式にディーラーで購入して、輸出している可能性があると指摘していた。転売されたり、輸出されたりして、テロ集団が入手する。もちろん、財務省から問い合わせを受けたトヨタもそんな理由を知る由もなかっただろう。

ただテロリストたちがトヨタ車を求めるのは仕方がないのかもしれない。なぜなら、とにかくその頑丈さは折り紙付きだからだ。

03年に英BBCの人気テレビショーのトップギアは、「トヨタ車をつぶす」というエピソードを放送している。トヨタのピックアップトラックをあちこちにぶつけてみたり、転がしたり重機で潰そうとしたり、海に流したり、とにかく徹底的に破壊する様子を放送していた。ただ、いろいろ試みても、トヨタ車はなかなかつぶれない。とにかく、そのタフさは賞賛に値すると言っていい。

その破壊の様子は、トップギアの公式YouTubeチャンネルでいまも視聴が可能だ(参照リンク)。しかも同番組は、3回に分けてトヨタのピックアップトラックの破壊を試みているのだが、極め付きは、爆破するする廃墟ビルの屋上にトヨタのピックアップを置き、ビルを倒壊させ、それでもクルマが「つぶれないかどうか」を検証するという無茶苦茶なものだった。その結果はここでは書かないが、テロリストが同社のピックアップトラックに乗りたいのもうなずける。トヨタの関係者には申し訳ないが……。

タリバン絡みで言えば、96年にタリバンが最初にアフガン政府を掌握した際にも、トヨタのハイラックスがニュースに取り上げられた。「ハイラックスに乗ったタリバンがカブールに入る」といった具合だ。

信頼の証であるが……

少し話はそれるが、トヨタのピックアップトラックと言えば、85年の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』にも、主人公の「夢の車」として登場する。タリバン戦闘員らがその後に乗り回すことになるトヨタのハイラックスだ。テロリストのみならず、米国の若者などにも注目される人気車種だった。

ハイラックスに加えて過激派らに人気なのは、トヨタのランドクルーザー。過激派の御用達としてこれまでもメディアなどで報じられてきたことから、テロリストがランクルを好むのは広く知られるようになった。

トヨタ以外の日本車もニュースで見かける。日産やマツダのクルマも見かけたことがある。そして最近、テロ事件以外でも日本車が世界的な事件に使われた例があった。

20年11月に、イランの核開発プログラムで責任ある地位にあった核科学者が首都テヘラン郊外の路上で、イスラエルの諜報機関モサドに暗殺されたとされる事件だ。

イラン政府側の主張によれば、その手口は、路肩に停めたクルマにAI制御の機関銃を積んだピックアップトラックを設置し、車内にいるその科学者の顔を自動的に認識して銃撃したのち、そのピップアップトラックは自爆、一瞬で証拠を消したと言われている。

そのピックアップトラックが、日産のクルマだった。絶対に失敗の許されない暗殺工作で、日産のクルマが選ばれたことは、ある意味で日本車への信頼の証であると言えるのかもしれないが、メーカーとしては、暗殺事件に使われるのは気持ちがいいものではないだろう。

また事件以外でも、国連などの人道支援で、トヨタや日産が使われているし、世界的に舗装されていないような道路を走り回ることが多い人権活動の現場などで日本車が好まれている。

メーカー側も動く

テロリスト側が自社のクルマを使用していることに対し、メーカー側も何もしていないわけではない。それどころか、例えば、トヨタは積極的にそのテロリストに好まれているイメージを払拭(ふっしょく)しようとしている。

21年7月、インドの自動車専門サイトでこんなニュースが報じられている。「トヨタが新型のランドクルーザーの購入者と厳しい契約書を交わすことで、テロとの戦いを行なっている」

記事によれば、トヨタは6月にランドクルーザーの新型モデルを発表。8月に発売が始まった日本では、購入者と比較的厳しい契約を交わしていると指摘している。

日本人購入者がTwitterに投稿した「誓約書」の画像も、記事には貼り付けられている。それによれば、誓約書には「この度のお取引は『輸出』及び『転売目的』での購入ではないことを、お客様にご確認いただいております」と書かれている。さらに、「外為法に抵触するリスク、輸出先によってはグローバルでの安全をおびやかす大きな問題につながる恐れがあるため」とも説明されている。

つまり、国外に輸出されて、テロ組織などの手に渡らないよう確認していると考えられる。確かにテロリストにわたる可能性に気が付いていながら輸出を放置するのは、テロリストに協力しないと定められている国際的な規範にもひっかかる可能性がある。

ただそれ以上に、テロに自動車が使われることによるイメージダウンや倫理的な問題などを意識した動きだと言っていいだろう。しかもこの誓約書には、以下のような確認事項も書かれている。

私は、注文した車両を輸出及び、転売(最終需要者が未確定)はいたしません。

私が前(1)号(筆者注:上記文のこと)を違えた場合は、その発覚後貴社から今後の取引を停止させられる可能性がある事を承知します。

インドの自動車専門サイトでも紹介されていたように、かなり厳しい誓約をしなければいけないのである。もちろん、テロリスト側はあの手この手で、日本車を手に入れようとするだろう。だからといってそれを放置できないので、結局、販売時に厳しくルールを購入者に合意してもらうしかないということだ。もっとも、アフガニスタンでタリバン政権が樹立されれば、またトヨタ側の見解も変わるかもしれない。

関連記事
  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」