【ぴいぷる】元サッカー日本代表・播戸竜二 輝けるゴールのため考え突っ走る 選手のセカンドキャリア、自分が率先してその道を開く! - イザ!

メインコンテンツ

ぴいぷる

元サッカー日本代表・播戸竜二 輝けるゴールのため考え突っ走る 選手のセカンドキャリア、自分が率先してその道を開く!

 「プロの定義ですか? 常にどう見られているかを考えて行動する。それが、多くの人に希望や勇気を届けることにつながれば…。そう思います」

 Jリーグのガンバ大阪、ヴィッセル神戸のフォワードとしてピッチに立ち、日本代表として活躍。世界で戦ったストライカーはこう語る。

 この定義。54歳にして現役を続けるキング・カズ、三浦知良(横浜FC)から学んだ教えでもあるという。

 そのカズに憧れ、サッカーを始めた少年は、2年前、彼より先に現役を引退した。

 忘れられない記憶は多すぎる。

 日本代表時代、名匠、イビチャ・オシム監督から幾度となくげきを飛ばされた。

 「それまで感覚だけでゴールを狙っていましたが、監督から『常に考えて走り、考えてゴールを狙え』と。それからプレーは変わりました」

 代表デビューとなったガーナ戦(2006年10月)では、「選手に頭を蹴られて出血し、ドクター・ストップがかかりました。でも、拒否しました」。応急処置のテーピングは血まみれになるが、果敢にゴールを狙う姿にサポーターは歓喜し、興奮した。

 そんな熱い男だった。

 いま頭の中にあるのは、選手が現役を終えた後の風景と、サッカー振興そのものへの思い。

 「選手が引退後に活躍できるセカンドキャリアは大きな課題です。自分が率先してその道を開き、後輩の選手たちに示すことができれば」

 昨年、Jリーグの特任理事となり、今年2月からは、新たに発足した日本女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)の理事にもなった。

 「Jリーグの人気はすごかった。もう一度、あの人気を取り戻したいですね。どうすれば、カズさんが大活躍してブームを巻き起こした、あの頃のサッカーの輝きを取り戻せるか」。並々ならぬ闘志が伝わってくる。

 その熱意もさることながら、さすがにこれには驚かされた。

 「俳優としてもデビューしたんですよ」

 作品名を聞いて、二度驚いた。公開中の話題作「孤狼の血 LEVEL2」というのだ。

 「旧知の東映プロデューサーから『俳優に興味はある?』と言われ、『あります』と即答したら出演が決まって。まさかこんな大作とは知らず…」

 役所広司と松坂桃李が暴力団を牛耳る広島県警の刑事を演じ、話題を呼んだハードボイルドの続編。新作では松坂が役所の跡を継ぎ、狂気に満ちた悪徳刑事になりきっている。

 「松坂さんたち刑事が見張る中、賭場で勝負する極道の役です。試合でも経験したことのないアウェーの緊張感でした」

 しかも監督は、鬼才、白石和彌である。さぞしぼられたことだろう。案の定、「厳しかったですね」と苦笑する。

 「もっと追い詰められた表情で。ゴールを狙う目つきで、と」

 畳みかけてくる演技指導に、「ゴール前で獲物を追っていた気持ちを思い出しながら演じました。撮影現場ではあの瞬間(=出血したガーナ戦など)が頭をよぎりました」と振り返る。

 何かを成し遂げるには、自身をさらけだし、突っ走るひたむきさは必要だ。

 「次も声をかけてくれたら、続けたいですね、俳優も」

 播戸の第2の人生は目下、サッカーの未来と自身の可能性の追求にある。一見、何でもありの様相だが、案外、「いいね」と思わせるところがこの男の魅力。“その後”を重ねる現役選手に、こんな例もあるというロールモデルとして十分、成立している。

(ペン・波多野康雅 カメラ・柿平博文)

 ■播戸竜二(ばんど・りゅうじ) 元プロサッカー選手。1979年8月2日生まれ。42歳。兵庫県出身。姫路市立琴丘高校から98年、ガンバ大阪入団。2006~08年、日本代表として活躍。コンサドーレ札幌、ヴィッセル神戸などを経て19年に引退。今年2月から日本女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)理事。初出演した映画「孤狼の血 LEVEL2」が全国で公開中。

zakzak

  1. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く