朝ドラおかえりモネ、りょーちん吐露「モネしかいない…」に「涙が止まらない」「全部やめていい」の声 (1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

朝ドラおかえりモネ、りょーちん吐露「モネしかいない…」に「涙が止まらない」「全部やめていい」の声

及川亮役を演じる永瀬廉 (C)NHK
及川亮役を演じる永瀬廉 (C)NHK

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の第75話が27日、放送され、King & Prince永瀬廉演じる及川亮が苦しい胸の内を主人公の永浦百音(清原果耶)に明かした。亮の吐露に視聴者も涙。この日もツイッターで亮の愛称「りょーちん」がトレンドに入り、永瀬ファンを含む多くの視聴者からさまざまな感想がSNSに寄せられた。

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育った百音が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」。ドラマはこの日が第15週「百音と未知」(71~75話)のラストで、突然、東京で働く百音の前に姿を見せた亮が行方をくらまし、百音たちが大騒ぎになる様子が描かれた。

亮と百音は幼なじみ。普段は百音のふるさとの宮城県気仙沼市で、父・新次(浅野忠信)のあとを継ぐ形で漁師として働いている。昔から百音とは不思議とウマが合い、気心が知れた仲。運動神経抜群かつ気配りのできる性格のため、とにかくモテる。ちなみに百音の妹、未知(蒔田彩珠)は亮に恋心を抱いている。また、新次は東日本大震災で妻の美波(坂井真紀)を失い、その後、酒に明け暮れる荒んだ生活を送っていた。酔って警察沙汰になることも多く、亮はそんな父親との関係に悩んでいた。

73話(25日放送)のラストで、突然、百音が住む東京・築地のシェアハウス「汐見湯」にいきなりやってきた亮。銚子漁港に来たついでに漁師の親方と東京・築地を訪問し、百音がいる汐見湯が築地にあることから、百音に会いにやってきた。その後、亮は、百音や、幼なじみで汐見湯に一緒に住む野村明日美(恒松祐里)、仕事の関係で築地に立ち寄った未知たちと合流。汐見湯で楽しい夜を過ごし、翌朝、仕事へと戻っていった。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人