中田翔の無期限出場停止解除 ルールの隙間を突く巨人と無反応のNPB - イザ!

メインコンテンツ

中田翔の無期限出場停止解除 ルールの隙間を突く巨人と無反応のNPB

ポストセブン
移籍早々、本塁打を放つ中田翔(時事通信フォト)
移籍早々、本塁打を放つ中田翔(時事通信フォト)

日本ハムでチームメイトへの暴行事件を起こして“無期限出場停止”を受けながら、8月20日の巨人移籍と同時に処分が解除された中田翔。翌21日に1軍登録され、22日にはスタメン出場して2ランホームランを放つなど、巨人の戦力として活躍し始めた。それでも、今回の処遇に対しては、疑問の声が多数上がっている。プロ野球担当記者が話す。

「数日前まで“無期限出場停止”だった日本ハムの4番が、別のリーグに行って優勝争いをする巨人の戦力になっている。そこにはやはり違和感がある。理屈としては日本ハムで起きた問題だから、チームを離れれば、処分は解除になる。だが、それでファンが納得するのか」(以下同)

過去、“無期限出場停止”になった選手などの処分はいつまで続いたのか。主な例を挙げてみよう。1958年5月10日、東映の山本八郎は南海戦で判定を巡って、一塁塁審に暴行を働き、退場を宣告される。それを不服として、さらに暴行を加えて無期限出場停止の処分を受けた。その後、ファンの署名もあって43日間で処分は解除された。山本は翌年5月にも、チームメイトへの暴行や試合中に相手選手を殴打し、6月1日から無期限出場停止に。約3か月後の8月31日に解除された。

阪神の柴田猛、島野育夫・両コーチは1982年8月31日の大洋戦でファウルの判定を不服として、2人がかりで審判に暴行を加えた。ともに無期限出場停止の処分となり、翌年に205日で解除された。巨人のガルベスは1998年7月31日の阪神戦で判定に不満を持ち、審判にボールを投げつけて、侮辱行為で退場となった。巨人が無期限出場停止、セ・リーグが同シーズン中の出場停止処分を下した。オフに巨人はガルベスと契約し、翌年の開幕投手となっている。無期限ではないが、巨人の三原脩監督が1リーグ時代の1949年4月14日の南海戦で、守備妨害した相手の筒井敬三に暴行。いわゆる『三原ポカリ事件』を起こし、シーズン終了までの出場停止となった。ただ、約3か月の100日間で解除されている。

「過去を振り返ると、無期限出場停止となった場合では、少なくとも1か月半は出場停止になっている。山本もファンの署名がなければ、もっと長くなっていたでしょう。常識的に考えれば、“無期限”はかなり長い期間が想定される。今回の中田の件にしても、少なくとも今シーズン中の解除はないと思われていた。ただ、“無期限=期限は決まっていない”という意味ですから、別に1日でも無期限は無期限です。でも、そんな屁理屈を実行してはファンの賛同は得られない。

中田は8月11日に処分が下されて、20日に解除された。わずか10日間の“無期限出場停止”は前代未聞の短さです。確かに日本ハム時代に起こった問題への処分ですが、プロ野球選手として処分が下った以上、巨人が出場停止処分を引き継げばいい。それなのに、すぐに1軍登録して、スタメンで使った。巨人が“中田を再生させる”という大義名分のもとに、優勝に向けた貴重な戦力を獲得したと思われても仕方ないでしょう。しかも、無償トレードですから」

巨人がルールや慣習の間隙を突いて、強行突破する姿勢は今に始まったことではない。1948年オフには前年30勝、同年26勝を挙げた南海のエース別所毅彦が年俸に不満を持っていることを察知し、巨人が獲得した。ちょうど5年契約が切れる時であり、ルール上は問題がなかったが、移籍が活発でない時代背景もあり、『別所引き抜き事件』と呼ばれた。別所は開幕から2か月の出場停止処分を受けた。

1978年のドラフト会議前日には、作新学院職員の江川卓と契約を結んだと発表。いわゆる『空白の1日』を利用するも、入団は認められず。巨人がボイコットしたドラフト会議で、阪神が江川との交渉権を獲得。キャンプイン前日の翌年1月31日、江川は阪神に入団し、直後に巨人の小林繁とのトレードが成立した。大騒動を巻き起こしたため、巨人は開幕から2か月間、江川の1軍昇格を自粛した。

「こんなことが続くようなら、今後どんな問題が起きても『無期限』という言葉で処分を下してはいけないのではないか。中田の件は、そんな事例になったでしょう。具体的に数字でハッキリ示す必要がある。

また、球団内だけで処理すると、今回のような“ウルトラC”がありますから、連盟やコミッショナーが動くべきです。事件が発覚して以降、いずれも何の反応も示していない。2004年の球界再編後、パ・リーグも人気が上昇し、巨人の力が相対的に低下したと思われていましたが、今もNPBは巨人には頭が上がらないことを露呈してしまいました」

今回は日本ハムの問題を引き継いだ形であり、批判される謂れはないと巨人は主張するかもしれない。ただ、ルール上は問題ないとしても、人は感情で動くもの。ファンのモヤモヤが解消されないまま、このままシーズンが進んでいくのだろうか。

関連記事
  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」
  4. NHK大河ドラマ「青天を衝け」9月19日第27話あらすじ 駿府の財政改革に乗り出す栄一、箱館では喜作と土方が…