タリバン、対抗勢力と停戦 初協議で合意も行方不透明

産経ニュース
22日、アフガニスタン首都カブールでパトロールするイスラム主義組織タリバンの戦闘員(UPI=共同)
22日、アフガニスタン首都カブールでパトロールするイスラム主義組織タリバンの戦闘員(UPI=共同)

アフガニスタンのイスラム原理主義勢力タリバンと、全土34州のうち唯一制圧していない北東部パンジシール州の反タリバン勢力が初の幹部協議を開き、一時停戦で合意したことが26日分かった。対抗勢力側が明らかにした。

ただ支配権を巡る双方の主張は溝が深く、今後の交渉の行方は不透明だ。停戦は協議継続中に限られ、戦闘再燃も懸念される。

対抗勢力を結集したアフマド・マスード氏の側近によると、25日にパンジシール州に隣接するパルワン州の州都チャリカルに双方の代表団が集まり、初協議を開いた。

タリバン側はパンジシール州の政府軍の引き渡しや、マスード氏の投降を要求。対抗勢力側は、北部の州の権限や、全ての国民が参加する政権の樹立を求めた。タリバンは「包括的な政権」の樹立を掲げているが、既に事実上の政権運営を始めており、対立している。(共同)

  1. 英科学誌・ネイチャーが韓国をバッサリ「カネでノーベル賞は買えない」

  2. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」

  5. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」