中居正広、水谷隼らに指原莉乃、いとうあさこら質問攻め - イザ!

メインコンテンツ

中居正広、水谷隼らに指原莉乃、いとうあさこら質問攻め

中居正広(手前)のおどけたポーズに爆笑する指原莉乃(前列右)、いとうあさこ(同2人目)ら(C)フジテレビ
中居正広(手前)のおどけたポーズに爆笑する指原莉乃(前列右)、いとうあさこ(同2人目)ら(C)フジテレビ

指原莉乃、いとうあさこら女性タレントが最強女性軍団“トークィーンズ”として男性ゲストの素顔を引き出すトークバラエティー「トークィーンズ」(26日後8・0、フジテレビ系)。

テーマ「世界一の男SP」に登場する男性ゲストは中居正広をはじめ、東京五輪・混合ダブルスで日本卓球史上初の金、男子団体では銅メダルに輝いた水谷隼、さらに五輪で話題を呼んだCreepy NutsのDJ松永。

女性タレントはほかに若槻千夏、朝日奈央、ファーストサマーウイカ、生見愛瑠、3時のヒロイン、フワちゃん。彼女たちが事前に自ら取材を行い、その情報をもとに男性ゲスト一人一人を質問攻めで“丸裸”にしていく。男性たちにはまったく逃げ場がない。しかし、女性たちは誰がゲストとして登場するか直前まで知らない。

中居が登場すると、一同は仰天。ゲストとしてトーク番組に出演する機会は少なく、自身のプライベートも多くを語らないイメージの中居。取材したのは3時のヒロインの福田麻貴だ。芸歴30年以上のトークの達人と2人きりでランチをしながら…と思いきや、店に入ると中居が予想外の行動に出る。

その後、スタジオでは指原らが中居の恋愛観や過去のリアルな恋愛エピソードに迫る。果たして、中居の本音を聞くことができるのか。

一方、水谷を事前取材したのは、朝日。輝かしい功績を残した水谷だが 「“陰キャラ代表の草食男子”、卓球はモテない」など自虐発言を連発する。

そして、ウイカは松永を取材。共演回数も多く、仲良しのウイカとのトークに松永は気を許したようで赤裸々トークが始まる。

収録後、指原といとうが取材に応じた。

――男性ゲストの印象をお願いします

指原「中居さんにゲストで来てもらうというのがびっくりで新鮮すぎた。久しぶりにお会いしたけど、初めて中居さんに“もういいよ!”って言ってしまった(笑)」

いとう「中居さんはゲストでいながら気がついたら女性陣が“回されていた“から本当に“世界一のMC”だと思った」

指原「水谷さんは紳士。だけど、他のスポーツに対する劣等感がすごかった(笑)」

いとう「すごく自然体。世界で戦っている人だからステージが違う。松永さんはあんな人だったなんて知らなかったね」

指原「松永さんは本当に疲れましたね…。しゃべらないシャイな人だからこっちが質問攻めして困らせようかなと思っていたら、松永さんがしゃべりすぎてこっちが“もういい”ってなっちゃった」

いとう「私は何回か、めるる(生見)が本当に嫌そうな顔しているのを目撃しちゃった(笑)。最後は誰とも目が合ってないのに松永さん一人でしゃべってたね」

――全体的な感想は?

指原「共通していたのは男性ゲストのみなさんは“頭がいいんだな”って思った。あと、過去のゲストは女性陣が質問攻めしてタジタジにできていたのに今回は男性陣がみなさんキレキレで…」

いとう「今後こういうゲストの対策もしないとね。“トークィーンズ”なんて言ってる場合じゃない。まだまだ(笑)」

指原「強敵がたくさんいることが分かったので、そんな私たちを見届けていただきつつ、今後も注目してください」

いとう「今後については、出てくださる男性ゲストがいらっしゃればの話ですけどね(笑)」

  1. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は
  2. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」