【江尻良文の快説・怪説】3位とのゲーム差が2ケタに…お先真っ暗の中日ドラゴンズ - イザ!

メインコンテンツ

江尻良文の快説・怪説

3位とのゲーム差が2ケタに…お先真っ暗の中日ドラゴンズ

中日・与田監督
中日・与田監督

3位との差が2ケタという、お先真っ暗のBクラス4位中日。ポスト与田として、ミスター・ドラゴンズ立浪氏招へい、仁村二軍監督の昇格など後任人事が取りざたされているが…。

昨季、8年ぶりAクラスの3位。熱烈ファンは今季10年ぶりのリーグ優勝を夢見ていただろうが、Bクラスに逆戻り。チーム刷新を求める声が強くなり、与田監督の後任人事が取りざたされるのは球界の常識だ。

それなのに、与田監督の来季続投情報が浮上しているという。

改めて振り返れば、今季の補強もお粗末だった。阪神をクビになった球界最年長の福留と格安外国人選手のガーバー。要は、カネを使った補強はしない、できないというのが現実なのか。

こんな状態ではチームは浮上しようがない。16年ぶりの快挙なるかの優勝争いの阪神とリーグ3連覇を目指す巨人。昨季の最下位からAクラス入りの3位を目指すヤクルト。そんなチームとは対照的だ。本来ならば来季の浮上を目指し、首脳陣刷新、戦力補強が急務だというのに。これではファンは納得できないだろう。

かつては中日のフロントは、親会社が新聞社同士の巨人に激しいライバル意識をむき出しにしてチームの補強合戦で戦ったものだ。球史に残る三冠男のロッテ・落合熱烈争奪戦などを繰り広げたこともある。

後任として特に立浪氏に監督就任を期待するファンの声は長年強いのだが、オーナーサイドとの信頼関係が今ひとつでなかなか実現できないでいる。中日ドラゴンズの行く末はどうなってしまうのか。(江尻良文)

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【住宅クライシス】タワマン管理契約と修繕工事の深い関係