朝ドラおかえりモネ、「サメ展のチケット」入手で満面の笑み!菅波に「かわいい」「それでこそ俺たちの菅波」の声  (1/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

朝ドラおかえりモネ、「サメ展のチケット」入手で満面の笑み!菅波に「かわいい」「それでこそ俺たちの菅波」の声 

永浦百音(清原果耶)と菅波光太朗(坂口健太郎) (C)NHK
永浦百音(清原果耶)と菅波光太朗(坂口健太郎) (C)NHK

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の第74話が26日、放送され、俳優・坂口健太郎演じる若手医師、菅波光太朗が見せた満面の笑みがネットユーザーたちのハートをガッチリとつかんだ。放送後、菅波の笑顔を引き出した「サメ展のチケット」がトレンド入り。SNSに、視聴者からたくさんのコメントが届いた。

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育った主人公の永浦百音(清原果耶)が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」。ドラマは現在、第15週「百音と未知」(71~75話)が放送されており、百音と菅波の距離が近づき始め、お互いがその存在を意識するようになっていた。しかし、とにかく2人とも恋に奥手なため、そこからの進展はなく、周囲はヤキモキ。そんななか、2人の様子を探るべく、実家の宮城県気仙沼市にいる母の亜哉子(鈴木京香)が、妹の未知(蒔田彩珠)を東京にいる百音のもとに送り込んだ。未知は早速、百音に「菅波に会いたい」と要望。百音は、未知に応えるかたちで菅波と会う約束をする。

この流れを受け、百音の幼なじみで、現在は同じ「汐見湯」で暮らす明日美は百音に「ちゃんと会って、ちゃんと気持ち伝えよう!」とアドバイス。その言葉に百音は「えっ!?いや、伝えるつもりなんてないよ!」と驚くが、明日美は「人の気持ちなんか、フワフワしたもんなんだよ。自分が大好きで、相手も自分のこと好きでいてくれる瞬間なんてね、ホント一瞬しかないんだからね。奇跡だからね。この一瞬を逃したら、次の日には、いろんなことが変わっちゃうかもしれないんだよ。それで、変わっちゃったら、もうもとには戻らない」と真顔で訴えた。明日美の言葉を百音と未知も真剣に聞いた。

菅波は、百音が宮城県登米市の米麻町森林組合で働いていた当時、そこに併設されていた「よねま診療所」に1週おきに東京から通っていた。百音と出会った当初はとにかく無愛想で、百音にとってはとっつきにくい人物だったが、百音が気象予報士の資格に興味があると告白してから、その距離が急接近。試験前は連日、百音の勉強に付き合い、仕事と勉強を両立させようとする彼女を支えてきた。

  1. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は
  2. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」