接種スケジュール大丈夫!? モデルナ製ワクチンの一部に異物 5都県8会場から報告、163万回分使用見合わせ - イザ!

メインコンテンツ

接種スケジュール大丈夫!? モデルナ製ワクチンの一部に異物 5都県8会場から報告、163万回分使用見合わせ

米モデルナ製のワクチン
米モデルナ製のワクチン

 厚生労働省は26日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、5都県8カ所の接種会場で未使用状態の瓶から異物の混入が見つかったと発表した。確認されたのは計39本の瓶で、安全対策措置として、同時期に同じ製造ラインで作られた3ロット計約163万回分の使用を見合わせるよう要請した。

 モデルナ製ワクチンは、主に大規模接種会場や職域接種で使用されている。厚労省によると、今月16日以降、茨城、埼玉、東京、岐阜、愛知の5都県にある接種会場で確認された。異物の大きさは数ミリ程度とみられるが、成分は不明。

 人への接種には使われておらず、今のところ健康被害の報告はない。厚労省には日本での販売や流通を担う武田薬品工業から25日に報告があったという。

 使用を見合わせる163万回分はスペインの工場で製造された。既に国内863カ所の接種会場に納入されているという。接種に使われたものもあるため、ロット番号も公表した。

 番号は「3004667」「3004734」「3004956」の3つ。ロット番号は接種済証などに記載されており、個人でも確認できる。厚労省は健康状態が悪化した場合には医師などに相談するよう呼び掛けている。

 政府は9月末までに5000万回分(2500万人分)、モデルナ製の供給を受ける契約をメーカー側と結んでおり、既に1000万回以上が接種されている。

 武田薬品は、モデルナに原因の緊急調査を依頼。使用見合わせ対象外のワクチンも異常があれば使わないよう関係機関に要請し、代替品供給に関し「接種への影響を最小限にするよう努める」と表明した。

 政府は希望する全ての対象者への接種を10月から11月にかけて終えることを目指しているが、ワクチン供給は大丈夫か。

zakzak


  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」