モデルナ製ワクチンへの異物混入 「先日打ったやつ、まさにそれ」「大規模、職域接種に支障出そう」など、ネット民動揺(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

モデルナ製ワクチンへの異物混入 「先日打ったやつ、まさにそれ」「大規模、職域接種に支障出そう」など、ネット民動揺

予防接種済証に貼られたシールで、ワクチンの製造ロット番号が確認できる(中央の黄色い線で囲んだ箇所)※一部画像を加工しています
予防接種済証に貼られたシールで、ワクチンの製造ロット番号が確認できる(中央の黄色い線で囲んだ箇所)※一部画像を加工しています

厚生労働省は26日、新型コロナウイルス感染症の米モデルナ製ワクチンについて、5都県8カ所の接種会場から計39本の未使用バイアル(注射瓶)に異物が混入しているとの報告があったとして、異物混入の恐れがある約16万3千本(約163万回分)の使用を見合わせると発表。同日付の産経新聞Web版の産経ニュースなどが報じて、たちまち話題となり、同日朝のヤフーリアルタイム検索やツイッターのトレンド上位に、「異物混入」「使用中止」「ロット番号」など複数の関連ワードがランクインして注目が集まった。

産経ニュースの記事によると、厚労省は異物の詳細を把握していないが、海外ではモデルナ製ワクチンで栓に使用されるゴムのかけらが入り込んだ瓶が確認されているという。厚労省は未使用状態のため、製造工程で混入したとみている。同省担当者は滅菌性は担保されているとして「筋肉注射なので血管が詰まるリスクはない。健康被害の可能性は大きくない。気になる症状がある場合はかかりつけ医に相談してほしい」と説明。異物が混入した瓶が接種に使用された事例は確認されておらず、これまでに健康被害の報告はないという。

厚労省によると、異物混入が確認されたのは東京、埼玉、愛知、茨城、岐阜の5都県での職域接種と自治体大規模接種の計8会場。異物が確認されたバイアルは回収され、モデルナが調査を進めるという。該当する製造ロット番号は「3004667」(約5万7千本)で、同時期に同じ製造ラインで作られた「3004734」(約5万2千本)と「3004956」(約5万4千本)の使用も見合わせる。厚労省は26日、納入した863会場に対し使用しないよう連絡するが、一部は既に接種されているとみられる。ロット番号は接種済証で確認できる。

このニュースを受け、ツイッターやネットニュースのコメント欄には、「オレ2回打ったんだけどぉ~ 大丈夫かな?」など、モデルナ製ワクチンを接種済みのユーザーから不安の声が相次ぎ書き込まれた。

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声