【新型コロナ感染爆発 自宅で死なないために】常に診てくれる主治医を持つ ツテを頼って入院の便宜、ワクチン接種でも優先してくれる - イザ!

メインコンテンツ

新型コロナ感染爆発 自宅で死なないために

常に診てくれる主治医を持つ ツテを頼って入院の便宜、ワクチン接種でも優先してくれる

一刻を争う容体となったときに備え、信頼できる主治医がいると安心だ(写真と記事は関係ありません)
一刻を争う容体となったときに備え、信頼できる主治医がいると安心だ(写真と記事は関係ありません)

 新型コロナウイルスに感染し自宅療養をしている軽症者、中等症者が激増しています。また、濃厚接触者として認定されて自宅療養されている方も数多くいます。

 現在はデルタ株感染がほとんどですから、容体はいつ急変するとも限りません。この場合、もはや手いっぱいの保健所に多くを期待してはいけません。そこで、重要になるのが、普段から地域の医者とつながっていることです。とくに主治医がいることが重要です。主治医がいれば、常に診てくれますし、ツテを頼って入院の便宜を図ってくれます。また、ワクチン接種でも優先してくれます。

 今日まで、厚生労働省は積極的に「主治医制度」を推進してきました。日本では保険証1つで、どの医療機関にも自由にかかることができます。そのため、軽症者も重症者も地域の中核になる大病院に集中してきました。これをなくし、高齢化で年々増える医療費の増加を抑えようとしたのです。厚労省では 「病院から地域へ」、あるいは「施設から在宅へ」というスローガンを掲げ、「病院死」を減らし「自宅死」を増やす政策を進めてきたのです。

 端的に言うと、病院のベッド数を減らして、不要な患者を大病院から追い出したのです。

 しかし、これがアダとなり、コロナ患者を放置するほかなくなってしまいました。

 医療崩壊が寸前の今、主治医を持っていなければ、自宅療養で病状が悪化した場合、最悪の場合「自宅死」を覚悟するほかなくなりました。

 では、主治医とはなんでしょうか?

 厚労省は主治医制度を促進するため、まず、診療報酬を改定しました。病床数が200床未満の病院や診療所の医師が、高血圧、糖尿病、脂質異常症、認知症のうち2つ以上の病気を抱える患者を継続して診た場合は、診療報酬を月1回あたり1503点(1万5030円)加算するとしたのです。

 ただし、その条件はかなり厳しいものです。主治医のいる医療機関は、患者には24時間対応し、在宅医療も行うことが義務づけられ、介護保険に関する相談などに応じるよう求められたのです。

 ここで言う主治医とは、かかりつけ医とは違います。近所のよく行く医者が主治医ではありません。たとえば、ある糖尿病患者は、10年にわたり専門病院に通院して、担当医に診てもらっていました。ところが、不調を訴えたにもかかわらず、その担当医はなにもしてくれなかったので、大病院で検査を受けたところ、末期の胃がんとの診断。すぐに手術を受けたのですが、半年で死んでしまいました。

 遺族は「ずっと同じ医者にかかり主治医だと思っていたのに納得がいかない」と私に訴えてきました。しかし、この医者は単なる担当医、かかりつけ医で主治医ではないのです。

 現在のコロナ感染爆発の状況、それに高齢化社会の進展を考えると、今後、積極的に主治医づくりをしないと、安心できません。以前から私は、まず近所の町医者に行ったら、その医者の人間性をチェックする。そして、ある程度信頼できるとなったら、きちんと「私と私の家族の医療問題について、相談に乗ってくれますか?」と申し出ることを勧めています。この申し出に「はい」と答える医師を持つかどうかで、コロナ禍でのサバイバルは大きく変わります。

 医者を味方につけるには、なんでもいいから誉めまくることです。服装でも身につけているものでいいから誉めることです。医者はプライドが高いので、もっともおだてに弱い人種です。いざというときのため、ぜひ、主治医を持つことをオススメします。 

 ■富家孝(ふけ・たかし) 医師、ジャーナリスト。1972年東京慈恵会医科大学卒業。病院経営、日本女子体育大学助教授、新日本プロレスリングドクターなど経験。「不要なクスリ 無用な手術」(講談社)ほか著書計67冊。

zakzak

  1. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」