東京ピークアウトの兆しか 新規感染者、3日連続で前週の同じ曜日下回る 確認追いつかず「隠れ陽性者」の懸念も - イザ!

メインコンテンツ

東京ピークアウトの兆しか 新規感染者、3日連続で前週の同じ曜日下回る 確認追いつかず「隠れ陽性者」の懸念も

緊急事態宣言が長引く東京
緊急事態宣言が長引く東京

 東京都の25日の新型コロナウイルス新規感染者数は4228人だった。23日から3日連続で前週の同じ曜日を下回っている。入院患者や重症者は過去最多となるなど医療体制は極めて厳しいが、感染状況はようやく薄明かりが見えてきたのか。

 新規感染者の直近7日間平均は前週比95・2%の4471・4人で、6月19日以来約2カ月ぶりに前週を下回った。

 1人が何人にうつすかを示す実効再生産数も1近辺まで下がってきた。感染拡大の先行指標の一つとされる発熱相談の件数も高止まりしているが、24日は2734件と2週間ぶりに3000件を下回った。

 都内は緊急事態宣言の発令から1カ月以上が経過。感染力が強いデルタ株が急拡大し、8月だけで感染者数が10万人を超えているが、数字の面ではピークアウトしつつあるようにもみえる。

 だが、感染確認が追いついておらず、「隠れ陽性者」が多数いることも考えられる。お盆休みから2週間が経過し、これから感染が増える恐れもある。このところ子供の感染も急増しており、夏休み明けの学校でのクラスターも懸念されるなど油断は禁物だ。

 目の前の感染状況も深刻だ。25日時点で入院患者は30人増の4154人、重症者は9人増の277人でいずれも過去最多。自宅療養中の30代男性を含む11人の死亡も確認されるなど死者も増えてきた。

 全国的にみると感染は拡大の一途だ。大阪府の25日の新規感染者は2808人と過去最多となった。宮城県や愛知県、沖縄県でも過去最多を記録した。

 政府は27日から緊急事態宣言を21都道府県、蔓延(まんえん)防止等重点措置を12県にそれぞれ拡大する。47都道府県の約7割で行動制限の措置が取られることになったが、どこまで効果があるかは疑問も持たれている。ガマンの日々はまだ続きそうだ。

zakzak

  1. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  2. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【住宅クライシス】タワマン管理契約と修繕工事の深い関係