【ゴルフわすれな草】木下稜介(5) 米ツアー「ソニーオープン」に招待出場、「成長している」実感を手土産に帰国 - イザ!

メインコンテンツ

ゴルフわすれな草

木下稜介(5) 米ツアー「ソニーオープン」に招待出場、「成長している」実感を手土産に帰国

 2021年ツアーでの第一目標を初優勝に定めて、木下稜介は4月の国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」を迎える。

 過去5回出場して一度も予選通過を果たしたことがない大会だった。コースとの相性の悪さを覚えていたが、それは言い訳でしかない。確かな技術と強い思いがあれば予選は通過できるはずだ。「今年は4日間プレーできる」という自信があった。

 前年の20年ツアーはコロナ禍で開催中止の大会が相次いだ。9月にようやく国内戦が開幕し、数少ない試合数ながら、木下は1打差で初優勝を逃した三井住友VISA太平洋マスターズをはじめ、ベスト10入り3回を果たした。その活躍によって、獲得賞金上位者3選手に与えられる米ツアー「ソニーオープン」招待出場資格を手にしたのだった。

 21年1月。29歳となっての米ツアー初挑戦。木下は同級生の松山英樹と連絡を取り、開催週月曜日の練習ラウンドを約束した。

 一緒に回ってみると、米ツアーで日本人選手最多5勝を挙げていた松山のゴルフに驚かされる。ドライバーは常に15ヤード以上も置いていかれた。パワーゴルフ。それでも光明を見いだした。

 開催コースのワイアラエCCは、木下でもドライバーを手にしないホールが少なくなかったことから、「2打目以降のショットと風とうまく付き合えば戦える」と考えたのだった。

 ベスト10入りできれば次戦にも出場できる。米ツアー初挑戦での予選通過から、次戦出場に目標を切り替えるほど自分への期待を膨らませた。

 初日、1イーグル、3バーディー、1ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しいゴルフながら2アンダー、55位タイ発進。2日目は4バーディー、2ボギーで回り、通算4アンダーの57位タイで予選通過を果たす。ベスト10入りを目指した決勝ラウンドでは2日間とも1アンダーに終わり、通算6アンダー、67位タイで次戦出場資格は得られなかった。

 だが、大会4日間すべてアンダーパーをマークできたことで手応えを得た。

 「トレーニング法も練習法も間違ってはいない。成長している」

 目には見えない手土産を持って帰国した木下は再びオフトレに専念し、21年ツアー開幕戦のスタートティーに立ったのだった。

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【住宅クライシス】タワマン管理契約と修繕工事の深い関係