民事訴訟の73期日取り消し 書記官感染で東京地裁

産経ニュース
東京都千代田区の東京地裁(松本健吾撮影)
東京都千代田区の東京地裁(松本健吾撮影)

東京地裁は26日、民事部に所属する30代の女性書記官が新型コロナウイルスに感染し、23~27日に予定されていた民事訴訟の73期日を取り消したと明らかにした。

地裁によると、期日には公開の法廷で審理される口頭弁論の他、弁論準備など非公開の手続きも含まれる。来庁者や職員に濃厚接触者はいない。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告