「対面授業すべき義務」オンラインめぐる学費訴訟、初弁論

産経ニュース

新型コロナウイルスの影響で対面授業を受けられなかったとして、明星大(東京都日野市)2年の男子学生(19)が大学の運営法人に対し、授業料の一部や通学できなかった精神的損害計145万円を賠償するよう求めた訴訟の第1回口頭弁論が25日、東京地裁立川支部(西森政一裁判長)で開かれた。

学生側は「明星大は対面授業を実施すべき義務があった」と主張している。

訴状によると、学生が昨年4月に入学した経営学部では、国の緊急事態宣言を受けて年度初めから全ての授業がオンラインになった。大学の教室や図書館などを利用することなく1年が過ぎ、進級した今年4月、一部で対面授業が再開した。

文部科学省は昨年秋以降、十分な感染対策が取れる場合、オンラインとの併用も含め対面授業を再開するよう各大学に促した。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告