「不思議でしようがない」韓国MBC番組に新たな疑問浮上! 日本の公安が韓国人活動家の来日情報漏洩? 金正太郎氏が検証 - イザ!

メインコンテンツ

「不思議でしようがない」韓国MBC番組に新たな疑問浮上! 日本の公安が韓国人活動家の来日情報漏洩? 金正太郎氏が検証

警官隊ともみ合う崔在翼氏
警官隊ともみ合う崔在翼氏

 韓国・MBCテレビが10日に放送した番組について、ジャーナリストの櫻井よしこ氏が「断固抗議し、謝罪と訂正放送を求めます」という文章を発表して注目されたが、同番組については別の疑問も浮上した。島根県で毎年開催される「竹島の日」(2月22日)記念式典に抗議するため来日する韓国人活動家の情報が漏れていたというのだが、これがおかしいのだ。フリーライターの金正太郎氏が検証した。

 問題の番組「PD手帳」は、大阪で任務に就いていたという韓国の諜報機関「国家情報院」の元工作員が現職時代について証言し、MBC取材班が裏付け取材する内容だった。

 この中で、政治団体「独島守護全国連帯」の崔在翼(チェ・ジェイク)代表議長が「竹島の日」抗議のために来日する際、宿泊先や会場入りする時間を秘密にしているのに右翼団体が先回りしているとして、「不思議でしようがない」といぶかしがってみせた。

 前出の元工作員は「民間活動家が日本に行く情報は、(国家情報院側から)日本の公安機関に与え、公安機関は右翼団体に回している」と証言・解説していたが、とても事実とは思えない。

 そもそも、崔氏は日本への出発前に記者会見を開き、宿泊先や活動予定の詳細なスケジュールをプレスリリースとして紙で配布している。これを一部の韓国メディアは報道しているのだ。秘密でも何でもない。

 日本の公安関係者は「崔氏らが抗議活動する場所は松江市では1カ所しかなく、右翼団体はただ待っているだけ。これを『(情報漏れによる)先回り』というのか? 右翼団体が宿泊先を知っていたとも聞かない。崔氏のMBCに対するリップサービスだろう」とあきれた。

 番組では、崔氏と右翼団体がもみ合うシーンを「2015年2月」と報じていたが、正確には「2018年2月」だ。大丈夫なのか?

zakzak

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳