朝ドラあすの「おかえりモネ」8月26日第74話あらすじ 百音の前に現れた亮、菅波とのデート前日に… - イザ!

メインコンテンツ

朝ドラあすの「おかえりモネ」8月26日第74話あらすじ 百音の前に現れた亮、菅波とのデート前日に…

永浦百音(清原果耶)と菅波光太朗(坂口健太郎) (C)NHK
永浦百音(清原果耶)と菅波光太朗(坂口健太郎) (C)NHK

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育ったヒロインの永浦百音が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」(NHK総合など)。女優・清原果耶が主演を務める同作の第74話が26日、放送される。

ドラマは第15週「百音と未知」が放送中で、百音のもとに、妹の未知(蒔田彩珠)がやってきた。先週の第14週で、百音の父、耕治(内野聖陽)と祖父、龍己(藤竜也)が上京。そこで、若手医師、菅波光太朗(坂口健太郎)が百音と近しい関係であることがわかった。2人から菅波の存在を聞いた母の亜哉子(鈴木京香)は、百音の詳しい状況を知るため、未知を百音がいる築地へと送り込んだ。

耕治と龍己に続き、東京にやってきた未知は、早速、百音に「菅波に会いたい」と要望する。百音は、未知に応えるかたちで菅波と会う約束をする。

仕事面で、百音は見事なキャスターデビューを飾り、その姿に気仙沼の家族や、かつての下宿先の家主、新田サヤカ(夏木マリ)をはじめとする登米の人々が喜んだ。同じころ、気仙沼市の百音の実家では、百音の幼なじみの及川亮(永瀬廉)とその父、新次(浅野忠信)が、耕治を訪ねていた。

第73話(25日放送)で、そこに新次の亡き妻、美波(坂井真紀)の母、フミエ(草村礼子)が現れる。フミエは新次たちに同市から届いた一通の封筒を差し出した。

一方、百音の幼なじみで同じ「汐見湯」で暮らす野村明日美(恒松祐里)は、百音と菅波が2人で会うと知り大はしゃぎ。「気持ちを伝えるべき」と百音を盛り立てる。また、登米市では菅波が、医師として今後どう進むべきかを思い悩んでいた。菅波は地域医療に興味を持ち始めており、そのことをサヤカに相談する。サヤカは「モネと話してみてはどうか」と助言した。

そして百音と菅波のデート前夜、百音の前に突然、亮が現れた。亮は、仕事で近くまで来たついでに、百音を訪ねていた。

第74話で、亮は汐見湯で百音、未知、明日美と楽しい夜を過ごし、翌朝、仕事へと戻っていった。

そして、いよいよデートの日。菅波と百音が出かけようというところに、仕事の電話が入ってしまい、デートは翌日へと持ち越されてしまう。その晩、百音と未知が寝ているところに、母の亜哉子(鈴木京香)から不穏な電話が入る。


  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート