セブンの「どらやきマリトッツォ」にツッコミ殺到「もはやマリトッツオではない!」「どらやきッツォでもいいだろ」 食レポは絶賛の嵐(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

セブンの「どらやきマリトッツォ」にツッコミ殺到「もはやマリトッツオではない!」「どらやきッツォでもいいだろ」 食レポは絶賛の嵐

セブンの「どらやきマリトッツォ」
セブンの「どらやきマリトッツォ」

コンビニエンスストア大手のセブン-イレブンが、東京都と神奈川県限定で24日に発売した「どらやきマリトッツォ」が、ネットで大きな話題を集めている。

「マリトッツォ」とは、ブリオッシュ生地にたっぷりの生クリームを挟んだイタリアの伝統的デザート。ローマ発祥とされており、現在日本で人気沸騰中のスイーツだ。

そんな話題のイタリアンスイーツと日本の和菓子を融合させた新商品が登場した。セブンの「どらやきマリトッツォ」は、ふんわりと焼き上げたどら焼きの生地に、溢れんばかりのホイップクリームとつぶあんを挟んだ“変わり種”。東京・神奈川県の2地域限定販売で、気になる熱量は264キロカロリー。価格は税抜き208円となっている。

昨今の“マリトッツォブーム“を受けてコンビニ各社が数々の関連商品を出しているが、セブンの強烈な“魔改造”ぶりに仰天するユーザーが相次いでいる。

ツイッターやネットには「あんこ入ってたらもはやマリトッツオではない!」「いっそのこと名前イジれよ。ファミマなんてマリトッツォ諦めてマリトッツォ風って書いてんだぞ。どらやきッツォでもいいだろ」「言いにくいから『どらトッツオ』でお願いします」「君はマリトッツォじゃないでしょ?あんクリームどら焼きですよね」などと、商品コンセプトやネーミングに対するツッコミが殺到している。

  1. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」