【食と健康 ホントの話】ビフィズス菌は死菌でもストレス・うつに効く 研究で抗ストレス効果を有することが明らかに - イザ!

メインコンテンツ

食と健康 ホントの話

ビフィズス菌は死菌でもストレス・うつに効く 研究で抗ストレス効果を有することが明らかに

毛利彰宏准教授
毛利彰宏准教授

 ストレスや不安から、便秘や下痢、腹痛などを起こしたことのある人は多いだろう。これは、脳が受け取ったストレスや不安という情報が脳から腸に伝わり、腸の機能に影響が出るためだ。

 そして近年はその逆方向の、腸から脳への影響もあることがわかってきた。ストレスを受けると腸内細菌叢(そう=フローラ)が変化し、それが脳へと伝えられ、脳の機能に影響を与えるというのだ。うつ病などの精神疾患の発症要因となる可能性も報告されている。

 こうした関係を「脳腸相関」といい、近年多くの研究が発表されている。腸内細菌叢の変化、とくに代表的な善玉菌の一つであるビフィズス菌の減少が、うつ病に関連することが知られている。そのため、これまでに“生きた”ビフィズス菌が抗ストレス効果をもたらすことが報告されている。

 藤田医科大学大学院保健学研究科レギュラトリーサイエンス分野の毛利彰宏准教授は國澤和生助教、小菅愛加大学院生らとともに生きた菌だけでなく殺菌されたビフィズス菌にも抗ストレス効果があるのかを検証。医薬品や食品など、幅広い製品に応用するためには、死菌のほうが扱いやすいためだ。ちなみに、乳酸菌でも死菌の効果が実証されてきている。

 研究は、加熱殺菌したビフィズス菌を与えておいたマウスにストレス(マウスをより大きなマウスと共存させる)を与え、ビフィズス菌が抗ストレス効果を有するかを検討。ストレスの負荷により生じる、抑うつに関連したマウスの行動異常が認められなくなったことから、加熱殺菌したビフィズス菌でも抗ストレス効果を有することが明らかとなった。

 また、このマウスの糞便中の腸内細菌叢を次世代シーケンサー(DNAやRNAの塩基配列情報を読み取る装置)により解析、ストレスの負荷によって生じた腸内細菌叢の乱れが大きく改善していることがわかった。腸内細菌叢は免疫機能と密接な関係があるため、加熱殺菌したビフィズス菌が脳内の免疫機能に与える影響も検討した結果、ビフィズス菌を与えることによって、脳内の代表的な炎症性サイトカイン(細胞から分泌される、炎症反応を促進するタンパク質)であるインターロイキン1βが抑制されていることが明らかになった。

 うつ病の発症や重症化には、脳内の炎症が影響することが確認されている。ストレスにより増加するインターロイキン1βは、うつ病のリスク因子だ。毛利准教授は、ビフィズス菌が脳内のこのサイトカインを抑制することで、うつ病の発症予防にもつながる可能性が考えられるという。

 「コロナ禍で、日本はさらにストレス社会になっています。ストレスやそれによるうつ状態は、気の持ちようで改善するものではありません。脳を中心に、身体の異常が起きているためです」

 その一つの異常の原因として、脳腸相関については多くの研究がされている。「その機序(メカニズム)はまだ不明です。しかし、さらに研究を進めていく予定です」

 症状が重い場合は医療機関を受診してほしいが、ストレスフルな日常を送っていて精神的に落ち込み気味の人や、お腹の調子が悪い人は、ビフィズス菌を摂ることも検討してほしい。

 ビフィズス菌の死菌を使った医薬品や食品はまだないが、ビフィズス菌の生菌の入ったヨーグルトなどの食品や、休眠状態にして成形したサプリメントなどは有効。ビフィズス菌入りヨーグルトなら、1日100~150グラムを毎日摂り続けたい。 (医療ジャーナリスト 石井悦子)

zakzak

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声